いーじゅく・ふぁーすと・こむ

    E-juku1st.Comの中学数・英問題集E-juku1st.Comの中学数・英問題集
2021年版中学英語教科書改訂に対応、E-juku1st中学英語(通年用)問題集も改訂を完成しました!(下記クリック)
中1英語(通年用)問題集
中2英語(通年用)問題集
中3英語(通年用)問題集
4月30日まで10%OFFの完成特別価格でご提供、ぜひご検討ください!(セットではなく英語だけでも可)

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 中学生の学習のしか お問い合わせ ご注文



   塾指導24年の実績と経験から生み出した、偏差値10〜15アップを獲得する中学数学・英語問題集を
   中心に、高校入試へ向けた社会と理科の実力養成問題集の販売をしています!

実力をつける中学問題集 高校入試に向けた中学3年間の勉強と実力の鍛え方が身につく
 問題集
自宅学習で学年トップの成績を目指す! 
説明ページ


問題集作成の動機と意図! 問題作成におけるコダワリとポリシー
どんな問題集なの? 問題集のレベル 「中1英語の学習の進め方 」

  中1・中2・中3(通年用)数・英問題集について
  数学問題集の具体的内容と構成  英語問題集の具体的内容と構成

図形問題に強くなるために!→ 中1&中2生算数の図形教室<B> 中3生:「入試図形問題の攻略」
英語の学力が下がってきた生徒に!→中1英語REVIEW 中学英語/1・2年の総復習&実力アップ

1.中1〜中3(通年用)問題(日々の自立学習で実力を鍛える)
 中1数・英(通年用)問題集 中2数・英(通年用)問題集 中3数・英(通年用)問題集
 <新版>実力つける地理歴史の要点 <新版>入試理科の攻略(or理科の成績を上げる)
2.復習タイプ型問題集(中1後半あるいは中2途中からの利用)
 中1数・英REVIEWセット 中1英語REVIEW 中1英語の土台構築110% 中1数学
 ・再学習
 中学数学/1,2年の復習 中学英語/1・2年の総復習&実力アップ 
 中学1・2年英語の知識を再点検
 中2英語REVIEW
3.実力テスト対策用問題集(自分の力で実力アップの勉強ができる!)
 中1英語の実力をつける 中2英語実力テスト対策 中2数学の実力をつける 
 中3英語実力テスト対策<A>
 <新版>中3数学実力テスト対策
4.入試レベルの応用力の土台を磨いておく問題集(中1・中2のあいだに取り組んでおきたい)
 算数の図形教室<B> 中1・2・3英語の実力強化by Toppo 
 THE 証明(
中2合同・中3相似)
5.先のことを考えて英語のハイレベルな実力強化を目指す問題集
 トッポ先生の入試英語攻略・STUDY Aクラス英語(中2編) Aクラス英語(中3編) 
 Aクラス英語(難関私立高校編
6.高校受験対策用問題集(公立トップ校受験生に多く利用されている問題集)
 入試図形問題の攻略 Version5 <新版>公立入試英語の攻略 <改訂>公立入試数学
 の攻略
 <新版>入試理科の攻略or理科の成績を上げる <新版>入試社会の攻略
 入試国語の実践演習
 
7.公立・私立中高一貫校生徒のための問題集
 総合中学英文法ゼミ 総合中学数学演習ゼミ
8.学力評価テストなど
 中2学力評価テスト 中3学力評価テスト 中3/11月テスト対策 中学数学/ミスと弱点
9.小学生(5・6年生)用問題集
 力のある算数 <新版>小学算・国の学力充実 力のある社会 算数の図形教室<A>
10.高校1・2生用問題集
 <改訂版>大学入試合格英文法 中学英語をやり直す問題集
上掲E-juku1st.Com問題集の内容と利用方法の概略について、もうすこし知りたい方説明ページ

中1数・英(通年用)問題集
 (通年用英語問題集)

入試図形問題の攻略Version4
 (入試図形問題の攻略)

<新版>入試理科の攻略
 (<新版>入試理科の攻略)


 2021年版中学英語教科書改訂について<「読む」・「書く」の勉強比率を下げないように>

 この2021年から中学英語教科書の内容ががらりと変わりました。それはかつ
てのゆとり教育の反動というか、いままでにないほど大幅にボリュームアップ、
そしてハイレベルな内容に改訂された形になったといえるでしょうか。わたし
には、まるで検流計の針が中央ではなく、右から左に一気に振れた感を持って
しまいます(やりすぎであろう・・・、と)。

 学習内容の前倒し、旧教科書では中2学習内容が中1に降りてきて、中3学習
の内容が中2に降りてきて、高校で習ってきた内容が中3に降りてきています。

 この度、わたしの中学英語(通年用)問題集も中1、中2、中3と各学年、この
指導内容にしっかり対応すべく構成と編集し直したわけですが、そこで作って
いてつくづく感じたこと、考えたことを以下、すこし述べていきたいと思いま
す。

 英語の教科書によって、各学年で習う文法配列とまた習う学年は、違います。
わたしがこう指摘している教科書は、採用される多さ順に挙げるとして、NEW
HORIZON,Sunshine,NEW CROWNのベスト3と、あとHere We Go!の4つを想定して
のことです。

 ネット上のある記事によりますと、新しい中3英語の学習内容の約3分の1は、
高校英語履修内容が移行してきている、と書かれていてすこし驚いたことがあ
ります。しかし、わたしが実際この目で確認、また具体的に問題集編集の細か
な作業をしたところ、あくまで文法的観点からだけですが、それほどたいした
量ではありませんでした。

 一部の皆様にはすでにお耳に届いているかもしれませんが、仮定法と使役動
詞の従来高校で習う文法が中学に降りてきたわけです。それもですね、少し専
門的になってしまいますが、仮定法ならその一部の仮定法過去だけの文法で、
仮定法過去完了も仮定法現在もshould,were toの用法も習いませんし、まして
や倒置の表現も学習しません。ごく一部なんです。すべて習えばややこしくな
るところがあるのですが、そんなことはないのです。またhelpの使い方と併せ、
使役動詞が出てくるのはletだけで、have,make,getについては習いません。

 このふたつをまとめてどれくらいの学習量で済むかと感覚的にいうならば、
不定詞の3用法の基本文法を習う際の時間と理解、そして暗記に必要な分量の3
分の1にも充たない、といえるでしょうか。

 それよりもわたしが問題と思うのは、中1の英語です。中2英語も文法的に増
えたな、ちょっと大変かなと思うのですが、それよりずっと問題だなと感じる
のが、中1英語の学習内容であります。何事にも言えるかと思いますが、基礎
ほど教えるほうも学ぶほうもたいへんなことが多いものです。

 基礎ほど基本をしっかり守り、そしてくり返し学習をし、「単なる理解」で
はなく、しっかり「できる」ようになるまで演習を積むことが大事でしょう。

 それが、まず読み書きの基本でいうなら、小学5年と6年の2年間の英語学習を
通して、アルファベットの文字が正確に書けるのはもちろん、単語数からいっ
て600〜700語ほど習ってきているので、すべてとは言わないまでもある程度、
まあその8割くらいは暗記できていて正確書ける、そういう学習を積んできた
のかな、ということ。

===================================
 ちょっと簡単な単語テストを載せておきます。(所要時間:2分以内で)
 下の単語10個、適当な紙に書いてください。覚えていて正確に書けるかどう
か確認してみてください。 8個以上書ければ合格とします。

1.りんご  2.オレンジ  3.図書館  4.テニス  5.ギター
6.木曜日  7.有名な   8.難しい  9.水泳   10.夏 <解答は下に>
===================================

 また同時に、日常の挨拶から自己紹介、相手の趣味嗜好から自分の欲しいも
の、あらゆる日常場面で出くわす会話表現など、be動詞、一般動詞そしてcan
の入った文などいろんな文法がミックスした英文を学習してきているわけです
から、スピーキングのほうは慣れてきたとして、ライティングのほうも基礎の
やさしい文ならミスなくそこそこ書けるよね、ということ。

 つまり、これらの文法や単語がわかったものとして、600語あまりすべてと
は言わないまでもたくさんの単語が正確に書けることが当たり前、多くの文法
を理解しているのは当たり前、そしてたくさんの基本的文章なら読み書きでき
る力が、中1の1学期から要求される。

 うーん、と唸ります。この時期の生徒は、学習しその知識を吸収する力には
目覚ましいところがあるのはよく承知していますが、一方でまた、生徒という
ものは覚えたこと、それも大事な基本的知識を時間とともにいともあっさりと
忘れてしまうこと、くり返しくり返し同じミスをすること、その場の理解はで
きて学習量が足りず、ほんとうにはまだ自分でできる力までは深く身につけて
いないこと、そして暗記についてもどうも不十分なことが多いこと、などもよ
くよく認識しているところです。

 これらから推して、ひと言でいうと、小学英語がどうもあやしい。その身に
つけてきた生徒の英語力の総量がいったいどのくらいあるのか、甚だ不安を覚
えます。そしてその土台の上に、中1英語が載せられていく。習う単元数と量
がこれまでと較べ、ぐんと増えるのです。

 わたしの個人的意見としては、中1英語なら現在進行形、及び規則動詞の過
去形までの文法でまずじゅうぶんだと思っているのですが、不規則動詞の過去
形は習うは、be動詞の過去形も入ってくるし、過去進行形まで習います。また
There is構文も入ってきたり、なかには未来形まで学習する教科書もあります。

 うーん、習う項目が多いよ! 生徒が勉強して、理解し、暗記し、習ことを
すべて正しく使いこなせるようになる、その学力を得るまでには、やはり相当
な演習が必要であり、時間がかかるものなのです。やってやれぬことはもちろ
んありませんが、理解と暗記に無理を強いる場面も出てくることでしょう。そ
れを無理することなくスラスラ進めていくのは却って危険な学習スタイルのよ
うに感じます。その身についた知識は浅く表面的であり、確か実力が伴わない、
あるいは生徒によっては習えば習うほど整理がうまくいかず混乱をきたし、つ
まり英語が苦手、わからない生徒の数は以前よりさらに増えていくことが、残
念ながら予想されてしまいます。

 このことは単元が増えただけでなく、語彙数の大幅増加に対する学習負担と
もかかわります。学習する単語数は従来、中学で約1200語くらいでした。それ
が今度から小学校で600〜700語、中学で1600〜1800語を習得しておくことが求
められます。単純に足してみてください。これまでの2倍、2倍ですよ! 2割
増しくらいならわかるんだけど、そうでなく2倍になるのです。(ちなみに高
校まで含めると、以前は最低3000語だったの対し、今度から2000増えて5000語
が最低覚えておくべき基準になるようです。)

 英単語って、中学で出てくるものと高校で出てくるものとに、なんとなく差
があるというか、スペリングが難しいあるいは意味を覚えるのがたいへんと感
じるものが高校になると出てくるなあ、と感じた経験が皆様にもあるかと思い
ます。単語数が増えるということは当然高校英語で習ったものが降りてくるわ
けで、たとえばこんな単語が中学に出てくるかと予想されます。
 attitude,appreciate,establish,vehicle,artificial,superficial,similarly,
 less,remind,mainly,shorten,disagree などなど。

 では、文法の項目が増えたことや覚えるべき単語数の増加といった、学習内
容が一気にレベルアップしたことに対する勉強のフォローがあるのか、といえ
ば、「英語を使う力」を伸ばすことに重点が置かれる授業になる。この目的の
ために、「読む」・「書く」・「聞く」・「話す」の英語4技能の強化が必要。
そのなかでも、「聞く」・「話す」のウエイトが従来よりも上がり、授業が中
学でも徐々にAll-English化されるようになり、「聞く」・「話す」学習が大幅
増になるわけですから、「読む」・「書く」の授業は相対的に時間が却って減
る可能性が高くなるのでありませんか?!

 新学習指導要領では、「自分で考えて話す力がより求められるようになりま
す。自分の考えを英語で発表する、英語でコミュニケーションを取ることに重
点を置き、日常生活で英語を使うことの重要性を学びます」、また「思考力・
判断力・表現力、そして即興力の育成が大切だ」とあります。

 この高い理想を実践していくことはもちろん賛成でありますが、一方で、ま
た裏を返していえば、「読む」・「書く」の授業の比重が下がることに対して、
前にも増して自己防御を図るというか、自分で英文法や単語・語彙などに対す
る学習に真剣に目を向け、時間も相当かけ、勉強していくことが不可欠、また
望まれるのではないでしょうか。


 以下、すこし宣伝。
===================================

 そのための自分でやれる問題集として、わたしの中学英語(通年用)各問題
集を利用してもらえばさいわいだと思っています。よければダブルクリックし
てご覧ください。(4月30日まで10%OFFの完成特別価格にてご提供!)

・中1英語(通年用)問題集

・中2英語(通年用)問題集

・中3英語(通年用)問題集

===================================


<英単語解答>
1.りんごapple 2.オレンジorange 3.図書館library 4.テニスtennis
5.ギターguitar 6.木曜日Thursday 7.有名なfamous  8.難しいdiffcult 
9.水泳swimming 10.夏summer



 生徒がよく利用して学習しているページ実力をつける中2英語・中3英語

実力をつける中1・中2・中3英語    高校入試における数学問題で実力確認
中学英語の演習プリント?実力つける中1英語(46枚)、実力つける中2英語(43枚)、実力つける中3英語(43枚)。日々の学習と定期テストに向けて、とても多くの生徒が利用してます。 入試数学で最も大事なのが、図形問題に対する能力です。中1・2生はその応用問題をこなす土台の知識が身についているか、中3生は実際どのレベルまで解けるか、そこが自己確認できます。
   小6生から中3生まで対象。 簡単な実力確認テスト
実施時期は11月から翌年1月までのものになりますが、小6生は算数と国語、中1生から中3生までは英語と数学の学力チェックができます 英語と数学、社会など、比較的短時間かつ簡単に自分の学力を診断で切るものを集めてみました。

    1.中学英語演習(無料演習問題)  3.学力評価テスト(12月実施用)
実力をつける中1英語

実力をつける中2英語

実力をつける中3英語
HP開設以来ロングランになる英語演習プリント。推定になりますがおそらく1万人以上の生徒が利用している、実績豊富な問題群です。トッポ先生の英語で、実力をつけてみてください。
というか、わたしの問題集との比較でいえばこの程度の問題量で英語ができるようにはすぐにもなりませんし、暗記もまだまだ不十分です。もっともっと地道で豊富な演習を積み、そして暗記の作業にも時間をかけねばなりません。あくまで自分の英語力を客観的に知るきっかけと英語の勉強のしかたを改善する材料になれば、と考えている次第です。
小6実力評価テスト(公立中学に進む前に)

中1実力評価テスト<11月・12月実施用>

中2実力評価テスト<11月・12月実施用>


中3実力評価テスト<4回・最終用>


 2.入試数学の土台と応用  4.ブログ関係のテスト問題
まず基礎の図形力をみる確認問題
   (4問で制限時間30分)
・算数の図形問題5問-解説と評価

・合同証明に関する問題
   (3問〜各問制限時間15分)
2次関数(1問で制限時間15分)

公立入試図形問題(1問)

トッポ先生の公立高校・入試図形問題
 解説
 (1問で制限時間15分
数学定期テスト対策(中1・2・3)
   (ただし、1学期の中間テストのみです)

英語実力診断テスト
   <中2生&中3生用>
中2英語実力確認テスト(11問)
   Aクラス英語(中2編)より
中3英語実力確認テスト(1・2年)
   Aクラス英語(中3編)より
中3英語(入試実力判定)
    Aクラス英語(私立難関高編)より
社会地理実力確認テスト

社会の地理問題

  <たった1問から学べること>

暗記してる年代はいくつあるのか?


算数の学力診断テスト(10問)


高1&高2用(英語実力確認テスト)


 ご父母の方によく参照いただいているページ

中学生の学習のしかた
中学生の学習のしかた、勉強方法に関する約370のブログ
中学生の学習のしかたには370ほどのブログを載せています。
 生徒の成績の見方や実力の判断で、辛口の意見や厳しいアドバイスを多々していますが、学校や塾などでは意外とあまい認識や評価、究極本人のためにならないアドバイスが多いように思います。そこをできるだけ是正し、志望する高校に向けて学力的に何がまだ足りないのか、どうすれば確かな実力をつける勉強ができるのかなどを中心に意見を展開しています。
 中2生に向けて定期テストの点と実力テストの点・第2弾
 <定期テストの点と実力テストの点がなぜかくも違うのか?>
 2017年夏 
E-juku1st.Com問題集購入に関するF]AQ
問題集ご購入者の声・お便り(520)と
★トッポ先生のちょっと回答、あれこれ
」(100)
 どういった問題集がお子様の勉強にとってベストな選択なのか、また、これからどの問題集にとりくめば いいのかなど、これまでのご父母の方からの声や質問回答からぴったりの情報が得られることでしょう。
   中学生の学習のしかた CONTENTS<12分類> 説明ページへ トッポ先生のちょっと回答、あれこれ
1.中1生の勉強のしかたと知っておきたい
 こと
(15)
2.中2生の勉強のしかたと知っておきたい
 こと
(15)
3.中3生の勉強のしかたと知っておきたい
 こと
(28)
4.数学について思うこと(24)
5.英語について思うこと(12) 6.理科について思うこと(8)
7.社会について思うこと(24) 8.国語について思うこと(9)
9.小5・6生の勉強のしかたで知っておき
 たいこと
(10)
11.問題集作りのなかで思ったこと40
10.さまざまな視点による考察<A>〜<D>
<A>中1・中2・中3の勉強のしかたと知って
 おきたいこと
(76
<B>高校入試に向けた勉強と知って
 おきたいこと
(30)
<C>すこしは役立つかもしれないこと(47) <D>ほとんど役立ちそうにもないこと(16)
12.高校合格への体験談(12)   
 次男も、無事に志望校に合格することができました??数学、英語ともに、先生の問題集のおかげで、入試得点49点(50点満点)でした! 兄弟そろって、本当にお世話になりました!(愛媛県某公立トップ高校)
問題集利用についてのご回答ページへ
数学についてですが、問題を解くスピードが遅いように思います。定期テストでも、2問終わらなかったようです。これは、中1数学・再学習問題集をすることで、解決するのでしょうか? 問題集をするときに、時間を決めてやるなどすれば、いいのでしょうか? 先生の問題集と息子の相性や息子の意見を聞いて、2年からZ会から先生の問題集に変更することも考えています。<S様
先生の教材の英語、数学通年用の分ですが、いつぐらいまでにすべて終わらせて入試対策用の問題集はいつぐらいから本格的にやり始めるのがよいのでしょうか。まあ早ければ早いほうがよいとは思うのですが。あと、過去問というのはどの程度役にたつものなのでしょうか。<S様>

 関連情報
E-juku1st.Comのその他の情報
ご利用対象とHOW TO STUDY
お支払いと配送方法について
訪問販売法に基づく通販広告の表示
メルマガ【それでも公立トップ高校を目指したい!】
簡単な学力診断テスト
 ●実力判断テスト(中1〜中3)
 ●ちょっとテスト(小6〜中3) 
 ●
私立高入試ワンポイント対策(英語

まぐまぐより「中学生の学習のしかた」に関するブログを、月3回(水曜日)配信しています。よければ上記空白にメールアドレスをご登録してお読みください。
高校受験・偏差値情報 OKWEB 高校入試情報 メルマガ販促 お薦めサイトな 珈琲茶館みやわき E-juku1st.Comのリンクボタン

  E-juku1st.Com   (〒569-0033)大阪府高槻市深沢本町29−6 webmaster 妹尾 正之
          
Tel:072-661-3087    E-mail:toppo@e-juku1st.com 
 
         Fax:072-661-3087    SINCE September,2000
  当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクを張っていただいて結構です(リンクバナーは
  右上をご利用ください)。    
abc
   Copyright 2000-2017 E-juku1st.Com All Rights Reserved. 当問題集の許可ない複製・販売は禁じています。
   更新日:2021年4月14日