E-juku1st.Comの中学数・英問題集        
   公立トップ高合格までの確かな実力を養成
   するE-juku1stの問題集!
E-juku1st.Comの中学数・英問題集
いい成績とるなら、いい問題集で!

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 中学生の学習のしか お問い合わせ ご注文

トップページに戻る  問題作成の動機と意図! 問題作成におけるコダワリとポリシー


 この夏、学校や塾ではまず補いきれない学力の基盤と入試に向けた確かな実力の底上げを、トッポ先生の問題集
 を利用して育成してみてください!
 秋にその成果は、きっと出るはずです。   説明ページへ

1.中1生は、数・英の習った基礎がまずきちん
 と理解、暗記もできているかどうかが大事!
定期テストの点数がいいからと安心している生徒がとても多いのが、中1の1学期です。しかし本当に習った基礎が完全に理解できているかとなると、またそれ以上に2学期も覚えているかとなると、話は別になりますからご注意を。
<中1生>中1数・英(通年用)問題集
中1生対象の大きな柱となる問題集は、「中1数・英(通年用)問題集」です。これを1学期にきちんと学習していれば演習量その他じゅうぶん足りており、夏休みに復習として、何かしておかねばというものは特にありません。それよりもむしろ、2学期の範囲の先行学習をゆっくりじっくりと、そして豊富に進めていくのがいいのではないでしょうか? 特に英語は、メルマガでも書いていますが、be動詞の文法をすべて終え、一般動詞の文法をどんどん進めていくこと(25枚あり、せめて半分くらいまでは)が重要です。またその際、一般動詞を40個完全暗記する練習やいままでに出てきたイディオムをすべて暗記したり、また1学期の範囲の単語の難しいと思われるものを再復習するとか、そういう単語の暗記学習もけっこう混ぜていくのがいいのでしょう。
 
 数学もやはり先の学習、文字式はすべて終え、方程式の勉強をゆっくりしていけばいいのではないでしょうか(別に完了しなくてもいいですが)。時間的に余裕があり、また他にすべきことはないかとお考えの方は、「算数の図形教室<B>」という問題集を、ぜひお勧めします。この夏休みだけではなく2学期も、また冬休みも利用して取り組んでほしい問題集です。とにかく図形の力がまともでない生徒、成績優秀でも図形となると弱い生徒は、いまの公立中学生の少なくとも8割以上占めていますから、2年生や3年生になって図形が不得手にならないためにも、少しでも早めの対策が必要でしょう。


この夏休みを機会に、中1の数学と英語をこの通年用問題集を使って勉強していこうと考えている生徒にとっては、1学期の復習に、また先行学習に大いに役立つと考えています。英語はbe動詞の単元からどんどん勉強すればいいし、数学はたとえば復習なら演習【A】だけするとか定期テスト対策を利用するとか、その利用は、それぞれ個人の力に合わせて取り組んでいけばいいでしょう。

また中1生用の問題集として次の2冊、中1英語の実力をつける問題集中1数学・再学習問題集があります。が、しかしこれは、2学期の真ん中(or後半から)あたりから本格的に利用するように作られたもので、この夏休みからの利用にはまだ向いていません(ご参考まで)。

2.数学と英語の夏休み明け実力テストに向けた勉強は、次の問題集をぜひお勧めしたい! ←数・英の実力テスト、その対策は、何をどうやればいいのか? これに照準をばっちり当てた問題集を用意しています! 塾の夏期講習よりずっと力がつくはずです。
<中2生>中2数学の実力をつける問題集  中2英語実力テスト対策問題集 〜全4回分のうち、1回と2回をすればOKです。〜
<中3生>中3数学実力テスト対策問題集  
中3英語実力テスト&入試対策問題集<A> 〜全4回分のうち、1回と2回をすればOKです。〜
・中2生、中3生が、英語と数学のまず2科目、学校の実力テストで確実に点数の上積みを図りたいのなら、あるいはあと15点から20点なんとしても努力して上げる勉強を捜しているのなら、「実力テスト対策問題集」<上記4つ>をお勧めします! この問題集をしてあの問題集もして、ではありません。ただただ、この問題集の「第1回」と「第2回」の問題プリントをまず自分で解き、説明ページに載っている学習のしかたをよく守り、間違いやわからなかったところを暗記すればいいです。夏休みのあいだなら、英語・数学とも各1週間あれば、じゅうぶんにこなせます。1年と2年のなにがポイントで、またなにをしっかりわかってできておかねばならないのか、そのようなことは、この問題集をやればいやというほど気づくでしょう。このことがきわめて具体的にわかり、そして生徒が一人で勉強できるように作ってある問題集です。

3.数・英の習った範囲の基礎的知識の確認と補充など、復習をまず徹底しなければならない
 中2・3生には。
<中2生>中1英語REVIEW  中1数学・再学習問題集
<中3生>
中学英語/1・2年の復習&実力アップ問題集  中学数学/1・2年の復習問題集
 まずこの時期、英語と数学がいまいちわかっていなくて、あるいは基本からどうも理解が怪しくて復習を大至急しなくてはいけないと思っている生徒が、中2生にも中3生にもけっこう多くいます。現中1生の場合は、1学期の範囲だけですから(といっても実は、小学時につけておくべき基本の力が不十分である生徒が大勢いますから、ほんとうはその方面の復習が必要なのですが、ここではさておき)、上記の「1.中1生の場合」の通年用問題集でいいかと判断しています。

 英語ですが、学校のテストで70点そこそこから80点ぐらい、しかし英語のメルマガ(実力をつける中1・2・3英語)では50点以下の生徒は、中2生の場合は「中1英語REVIEW」 を、中3生の場合は「中学英語/1・2年の復習&実力アップ問題集」 を利用して、復習してみてください。1ヶ月〜2ヶ月で集中的にするのが、つまりできる限りこの夏の間に完了するのが大事かと思います。

 ただし、この問題集の狙いは、文法がある程度わかっているつもりなのに実はほんとうにはまだわかりきっていない、また忘れている割合が実は本人が思っているよりもっと多い生徒に向いています。また、ふだんのテストでたとえば88点や93点とれているのに実力がいまいち伴わない生徒(メルマガでは70点前後でしょうか)の場合は、実力テスト対策問題集(中2編・中3編)」のほうをお勧めします。
 
 数学について。
 中2生で、中1数学の基礎がいまひとつ足りないと感じている生徒は、「中1数学・再学習問題集」でやり直しをすればいいですね。必要な知識や基本のポイントを詳しく説明しており、問題量もそれほど多くはないので、じゅうぶんこの夏こなせる内容量です。

 次に中3生で、数学の力が実力テストで平均点そこそこしかとれない生徒、1次関数及び証明になると理解不足のため急にできなくる生徒は、「中学数学/1・2年の復習問題集」を利用して、まず1,2年の徹底した復習をすることが大事でしょう。そうして、たとえば平均点あたりの48点くらいしかとれていない生徒が、夏休み明けの実力テストで68点もとれれば、それは大成功といえるかと思います。なぜなら、ふつうの夏期講習と学校からの普通の宿題をこなしていれば、大抵は結果、48点のままでしょうから。なお英語と同様、平常のテストでは90点前後、実力テストでは7,80点と実力がまだ不足している生徒は、実力テスト対策問題集(中2編・中3編)」のほうをお勧めします。

4.理科と社会の実力補強の勉強が、どれほど大事であるか?!
<中1・2生>実力をつける理科(1・2年)または<新版>入試理科の攻略問題集  実力をつける地理&歴史の要点問題集
<中3生><新版>入試理科の攻略問題集
  <新版>入試社会の攻略問題集 
・理科と社会の豊富な知識、また確かな実力を持った生徒がいま、ほんとに少ない。そのまともな力、最低でも偏差値65以上の実力の範囲に入りきる力の養成を目指す問題集が、「<新版>入試理科の攻略」、「実力をつける地理と歴史<中1・2生用>」&「<新版>入試社会印の攻略<中3生用>」になります。(実際は偏差値70を超える生徒もけっこういます。)

 この3つの問題集は過去の実績もゆたか、利用率も高い問題集で、つねに多くの生徒に利用いただいております。中1・2生の場合は、習った範囲や弱い単元の強化にまず役立てればいいですが、中3生の場合は、遅くとも夏休みから始めねば間に合わない分量と内容です。ふつうに取り組めば5,6ヶ月、夏休みも含め集中してやっても3ヶ月くらいは最低かかる勉強量かと思います。短期間で社会や理科の学力が、急激に上がるなんてことはまずありません。その意味で、塾のよくある社会や理科の夏期集中講座で、実力がつくとは到底考えられないのです。もっと地道で継続的な勉強を、そして暗記の作業も含め、できるだけ時間をかけた勉強をしていくべきでしょう。適切な問題をするとともに、繰り返しの演習、また「これは必ず覚えろ!」というまとめの知識の徹底暗記が、ほんとうの実力養成には不可欠です。


5.数学は、図形力で決まる!
<中1・2生>算数の図形教室<B>
<中3生>
入試図形問題の攻略Version4  THE 証明(入試証明の攻略 by Toppo)
・「算数の図形教室<B>」:
 中学の1,2年の間にぜひ学んで習得しておきたい図形の知識とその学力というものがあります。これははっきりいって、いまの学校の教科書やまたその授業で学べるものではありません。また、学んでもいません。私立中学入試の経験していない生徒の9割前後は、この力をまず持ってないと判断してもいいくらいです。しかし、この図形力は、高校入試ではどうしてもなくてはならないきわめて重要なものです。入試図形問題を解くための土台になる力、それを演習します。3年生になってから、そんな土台になる力を学んでいる余裕はありません。必ず1,2年生のあいだに学習して習得しておきたいものです。

・「入試図形問題の攻略Version4」:
 学校の数学のテストでは95点前後はいつもとれているのに、実力テストの一部問題や模試になると、思うように点数がとれない。また関数や図形問題の応用が、いつもどうも解けない。そんな生徒用の問題集です。できるかぎり、この夏休みから始めたい! もしスタートしても、やり終えるには2学期一杯かかるでしょう。まさにこれを解くことが、そして解法を研究し、覚えることが、受験勉強そのものともいえ、受験数学の核心部分の勉強となるでしょう。問題内容は、基本の説明以外、すべて入試問題で構成・企画した問題集です。

・「THE 証明(入試証明の攻略)」:
 後半部分の「相似証明」はもう少し先に勉強する(中3後半)として、前半部分の「合同」関係の証明はもうじゅうぶんできます。しかし、驚くほどできないでしょう。入試レベルの証明問題にほんとうに慣れ親しみ、また証明問題に強くなってください。この問題集で徹底して演習し、証明のテクニックを身につければ、今後如何なるテストの証明もやさしく感じるでしょう。

6.小学5・6年生は、この夏休みに算数の力をぜひ上げておきたい!
<小5&小6生>力のある算数 by Toppo
<小6生>算数の図形教室<A>by Toppo問題集  小学算・国の学力充実問題集  力のある社会
とにかく小5生も小6生も算数の勉強は、「力のある算数」問題集から勉強してもらいたいと考えています。学校の授業内容や進度に関係なく、コツコツ進めていってください。中学数学を学習していく上において、その必要とする知識と学力、また必ず役立つであろう問題攻略のしかたの習得には、まずこの問題集からです。

・小6生対象として、図形専門のかなり高度な内容まで学習する「算数の図形教室<A>」があります。これは後々、公立トップ校受験を目指す生徒用で、算数の基礎がまずしっかりできている生徒に向いています。

・「小学算数・国の学力充実問題集」は
、算数は計算と文章題が中心、国語は漢字と語彙、それに文法を少し入れてあります。中学進学に向けて、6年の後半からの使用に向いています。「力のある社会」も同様です。

7.高校1・2生の間に、英文法の知識はほぼ完全しておきたい!
<高校1・2年生>大学入試・<改訂版>合格英文法ここまで
・文法の基礎から応用まで、大学入試に必要な問題をすべて採り入れた文法演習問題集。 利用して習得するのに、半年はすくなくともかかるでしょう。

8.ハイレベルな応用力養成(偏差値72以上)に主眼を置いた問題集
<中1生>中1英語の実力をつける問題集
<中2生>Aクラス英語(中2編)問題集
<中3生>トッポ先生の入英語攻略・STUDY問題集  
公立入試英語の攻略問題集
     公立入試数学の攻略問題集  Aクラス英語(私立難関高校)問題集
・通年用問題集及び基本の各問題集でも結構ハイレベルな、公立トップ校受験にもじゅうぶん通じる内容と応用問題を含んでいますが、上記の問題集は、さらに集中して応用的な力を高めることに主眼を置いた問題集です。
 これらはいずれも各学年、早ければ夏休みから、また秋以降から本格的に取り組んでいってもらいたい問題集です。ここに併記しておきます。

9.公・私中高一貫校生向け問題集(及び大手塾特進クラス生用)
<中1〜中3生>総合中学英文法ゼミ 総合中学数学演習ゼミ数学演習ゼミ(中1編) 数学演習ゼミ(中2編) 数学演習ゼミ中3編)
学校の授業展開のスピードが速く、また詳しく適切な説明や豊富な演習もないまま中学数学を進めていく、その当然(?)のスケジュールに際し、大切な基礎と基本を自分でもうすこし演習量を積んで補いたいと考えている生徒、あるいは現状の自分の勉強にやや不十分で消化しきれていない面があると感じている生徒に、この問題集はお役に立てるでしょうか。あるいは大手進学塾に通い、そのなかでも特に公立トップ高を目指すクラスに在籍しているものの、やはり授業展開が学校に較べて速く、そこでの演習量が不足がちな生徒がいるものです。その数・英の学習を、ぜひこれで補強・強化してみてください。 数学では、なかには塾独自のカリキュラムを守るため、学校の定期テスト対策はまったく行わない、自分でそれはやるよう指導している塾もあるでしょう。その場合は、この問題集に含まれている定期テスト対策のプリントがかなり役立つものと想われます。


 トッポ先生からひと言
 この夏休み、数学と英語の苦手なところやあるいは全体の復習をし、理科や社会も習った範囲の知識がだいぶ忘れているものだからもう一度勉強し直し、そして国語もできたら勉強したい、なんて当初は神妙に、また真剣に考え計画を立てても、まるごと夏休みの40日を自分の思いどおりに使えるなら別なんですが、多くの生徒は、学校の部活に、そして試合や大会もあって結構ハードな日々が続くのではありませんか? また、学校の宿題はこなさねばならず、塾に通っていればなおさら夏期講習なんかがあって、それらをやりつつ「自分のすべき課題と目標」を決め、その勉強に取り組める時間なんて、実際には頭で思い描くほどには多くとれるものではありません。

 クラブ活動と学校の宿題を仕上げるので精一杯だった・・・。塾の授業、夏期の特別講習に参加してその勉強に追われるまま、夏があっというまま過ぎてしまった・・・。という事態は、ほんとに山のようにあるケースです。大半の生徒(8割以上かな)は、夏休み明けの実力テストの成績がそれまでと較べ顕著に上がったかというと、そうではないでしょう。ここが、とんでもなく大きな問題であるのですが。

 たとえ1教科でも2教科でもいいから、以前に較べかなり成績の向上があった、あるいは苦手な科目をなんとか克服していい点数がとれるようになった、と夏休みが終って自信をもって言える科目を、ぜひ作っておきたいものです。それができた生徒には、「これだけは何があろうと、なんとしてもやりぬくぞ」という強い決意と、やり遂げるための地道な継続と時間があったはずです。

 この各自の目標に具体的にそう形で、きっちりやり遂げれば、その結果が必ず導き出されていくのが、上記問題集群です。なにをどれだけ、またどこまで勉強すればいいのかが、勉強をしていくなかでじわじわわかるはずです。「中2or中3実力対策問題集」なら、自分がなにを覚えていて、反対に大切な知識のいったいどこをすっかり忘れてしまっていたのか、そして自分がいままでよくミスをしていた箇所、理解のまだじゅうぶん足りていない部分など、きっと気づかされることでしょう。生徒の実力の正体を十二分に知り尽くして作った、まあ他には類を見ない問題集です。

 しかし、そうかといって、勉強の最後のツメは、やはり自分でしなければなりません。どんな問題集を利用して勉強しても、大事なことが自然に頭から出て行くってことはあっても、自然に頭に入ることはまずありません。最後は自分の頭でよく考え整理し、しっかり覚えていく、そしてノート直しもよくする、これが基本中の基本の、勉強の作業です。この割合からいって最後の10%の勉強は、生徒各自にゆだねるとして、勉強のスタートからほぼ最後に至る90%の勉強の確かなサポートをするのが、E-juku1st.Comの問題集です。