E-juku1st.Comの中学数・英問題集        
     <新版>実力をつける地理問題集 E-juku1st.Comの中学数・英問題集

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 中学生の学習のしか お問い合わせ ご注文

 HOME 歴史の要点・総まとめ <新版>入試理科の攻略問題集 算数の図形教室<B>


「<新版>実力をつける地理」
 
―中1生と中2生を対象にした通年用の地理オリジナル問題集
 今回の新版では、「入試実践編」の問題を19枚から18枚増やし36枚とし、従来にもまし豊富に問題演習ができるようにしました。また基礎の「実力定着編」も含め、すべてのプリント内容を検証し、特に統計的データをできうる限り最新のものに修正しました。
 
 地理の内容を17の項目に別け、「実力定着編」、「入試実践編」、そしてくり返しの学習で覚えるべき知識を再確認するために「実力定着・再学習編」を用意、3段階の勉強ができるようになっています。また、すべて学習し終えたあとの実力チェックに、入試実力確認テストもつけ加えてあります。

 中1・2生が平常の学習のなか、地理のポイントの把握とまとめ、あるいは整理の勉強に役立つよう、そしてとりわけ、実力を高める数々のポイントと独自なノウハウを問題のなかに織り込んで作ってあるので、定期テストや実力テスト対策への勉強はもちろん、入試社会に向けた高い学力をこれ1冊で形成できる、まずどこにもない貴重な問題集となっています。


 たとえば・・・。
 4大工業地帯がありますね。いまはもう他の工業地区が大いに発達し、その工業出荷額もとても大きくなり、そのため北九州工業地帯を除いた3大工業地帯が一般的です。その内訳と特徴を掴んでおくのは基本としても、もう問題としては成立しにくくなっている。それに替えて各都道府県の工業出荷額のグラフの比較が、いまは問題の主流です。京浜工業地帯は印刷と出版の割合が高い、を覚えていても問題には対応できないわけです。つまり東京都と神奈川県の区別ができなくてはなりません。東京都は簡単ですから出題されるのはどこかといえば、千葉県と神奈川県、そして関東なら内陸部の栃木か群馬(これは機械工業がさかん)、または全国の他の2県との比較です。この千葉と神奈川を押さえたあと、愛知県を加えた3県の内容をしっかりマークしておけば(暗記)、問題の正解は9割以上は可能です。

 しかし、これではまだ不十分で、何を徹底して覚えるかといえば、「人口」です。47都道府県すべて覚えるのはもちろん無理で、
また人口ですから増減はつきものですが、それでもおよそのところを、そして「500万人」以上と「100万人以下」の県を暗記しておけば、上記の工業関係だけでなく他の問題にも、その資料(統計やグラフ)の出し方はいろいろあるものの、95%以上の確率でしかもすばやく判断、簡単に解くことができます。

 これはほんのひとつのノウハウですが、こういった暗記すべき点はとことん覚えこむ、逆に中途半端であまり汎用性のない問題や内容は思いきって削る(かなり熟慮検討していますが)、何が大事でまたポイントになるかをつねに明示し、それらを理解して追及し、暗記し、深く身につけなければならないか、その勉強を問題を通して教える、そういう実践的な、独自性溢れた問題集に仕上げました。

 この問題集をとおして、社会が好きな生徒は偏差値70以上を目指してください。また、社会は学年で1番をとってください。社会が苦手な生徒は、きちんとコツコツやれば最低でも偏差値60以上はとれるようになりますので、ぜひ頑張ってやってみてください。それらにじゅうぶん応える問題集であると自負しております。
 <新版>実力をつける地理」問題集

<新版>実力をつける地理」の構成
<A> 実力定着編 NO.1〜18
<B> 入試実践編
入試実践編
NO.1〜19
NO.20〜36
<C> 実力定着・再学習編 NO.1〜18
解答 実力定着編<A&C> NO.1〜18
解答 入試実践編<B> NO.1〜36
+(追補)
問・解 入試実力確認テスト NO.1〜4
※※※※※※※※※※※※※※※※※※
価格:10.,300円(代引きで送料込みの
  値段です。)

配送方法:代引き」でのゆうパック便とな
  ります。
納品予定:ご注文より、2,3日以内に着く
  よう手配。
お申し込み:ショッピングカートで、スタート
  ボタンを押し、
  
「E-juku1st 社会編」をクリックして
  下さい。その中の、下のほうにあります。
  こちらからでも受付→


通年用の歴史とのセット問題集の価格は、「17,000円」にてご販売! 併せてご検討ください。



生徒の地理の勉強に対してひと言


 自分で勉強していても「社会」という科目の根本的で絶対的な勉強不足が目立ちます。定期テストでの点数はよくとも、その実態となる実力の形成がはなはだ不足している生徒は、非常に多いです。あるいは塾で勉強していても社会の授業がなかったりで、学習のしかたがわかっていない生徒もとても多くいます。
 
 社会は、1,2年生よりもっときちんと勉強時間を確保して、コツコツ勉強すべきです。そして深く暗記すべき内容と知識は、本人が思っているよりもっと多いです。学校の授業をしっかり聞き、その内容を理解、覚えることはもちろん基本の姿勢ですが、入試の観点でいえば、それだけの学力では甚だ不適といえます。的が外れている内容があったり、教えられる知識の幅が狭かったり、深さが足りなかったり、そしてくり返しの学習をしませんから、基礎・基本の知識ですら忘れてしまうのは、大多数の生徒の姿でしょう。

 それらに楔を打ち、社会の正攻法の勉強のしかたと、高校入試に必要な知識はどこまで広く、または深く学ぶか、そしてくり返しの作業のなかで暗記して本物の実力を身につけるか、それを学んでいける問題集です。

勉強のしかた(ご参考まで。あくまで自分に合うよう工夫、進めてみてください。) 関連メルマガ(問題集のもう少し詳しい説明)

 <中1・2生が勉強する場合>
 学校の教科書や説明プリント、ワーク問題(あるいは市販の問題集1冊)などをしたあとに、<A>の「実力定着プリント」をする。
 
できなかったところは赤で書き、内容すべて暗記する! 特に資料関係(グラフや統計など)、そして数値の暗記(たとえば人口
 )は、徹底して覚えこむ。それを暗記しておれば、難しい問題もやすやすと解けるから!

 
1.<A><B>→<C>  
 2.<A>→<B>+<C>


 1は、<A>の知識の骨子となるプリント内容すべて覚えたあと、連続して(別に日にする入試問題で構成したプリント<B>をする。
 もちろんここも、知らない知識やできなかった問題はすぐに完全暗記すること。これでワンセット。あとは定期テスト前、<C>の
 プリントしてどれだけ覚えているかチェックする。忘れたものは当然覚え直しである。これでテスト対策の8〜9割は完成。あとは
 学校の授業内容に沿ったノート、配布プリントなどで余分なところを補えばよい。<
こちらのほうを勧めますが

 2は、<A>の知識の骨子となるプリント内容すべて覚えたあと、時間が経ち、テスト前に<B>と<C>を連続して学習するやり
 方です。
<1に比べ、個人的な事情があり、時間的に余裕がない場合にお勧めする勉強のしかたです>


 「<新版>実力をつける地理問題集」の17回の内容
<A>実力定着問題(18枚)<B>入試実践問題(36枚)<C>再学習問題(18枚)
1.地球のすがたと世界の国々 2.日本のすがた
3.地形図の見方 4.九州・中国・四国地方
5.近畿・中部地方 6.関東地方
7.東北・北海道地方 8.中国・東南アジア
9.ヨーロッパ 10.アメリカ合衆国(&カナダ)
11.オーストラリア・南米・アフリカ 12.世界と日本の地形・気候VOL.1
  世界と日本の地形・気候VOL.2
13.世界と日本の人口 14.日本の農林水産業
15.日本の資源・工業と環境問題 16.世界と日本の貿易・交通
17.世界と日本の暮らしと文化
問題イメージ〜実力をつける地理」より
NO.7<東北・北海道>【A】実力定着問題
 
 NO.5<近畿・中部地方>(プリント)【A】実力確認 NO.5<近畿・中部地方>【B入試問題
 
NO.1<地球のすがたと世界の国々)【A】解答 NO.1<地球のすがたと世界の国々>【B】解答

 中1・2生の場合 あるご質問への回答例(問題集を選ぶ際のご参考まで)
理科と社会の問題集につきまして。

理科は3カ年使える「<新版>入試理科の攻略」を、社会は1,2年生対象の「実力をつける地理と歴史セット」を、お勧めしたいと考えています。

公立トップ高受験・合格した生徒の多くが過去、このふたつの問題集を利用しています。

理科は、中1から中3までの内容すべて含んでいて、相当な演習量があり暗記の時間もかかりますが、ふだんの勉強の補強に、また定期あるいは実力テスト対策に、そして受験対策と3つの勉強が全部できる問題集です。偏差値70越えの生徒も珍しくなく、お子様にもきっと役立つのではないでしょうか?

社会の「<新版>入試社会の攻略」問題集のほうは完全に中3生対象のものでして、中身の構成と編集のしかたがまったく違い、中1生や中2生が利用するには困難で勉強しづらい面があるのです。ですからやはり「実力をつける地理と歴史セット問題集」のほうをお勧めしたいと思っております。

ついでに効果的な学習方法はどのようなものがあるか、というご質問をよく受けるので、それを書いておきますと、理科と社会の学習方法の基本はシンプルにいって一つしかないのです。

くり返しの復習です。問題集を使って偏差値75や73(ただしネット上の偏差値)の高校に進学した生徒の勉強法は、わたしなら2度くらいしか復習できないので頭が下がるのですが、それ以上に3回も5回もしつこくわたしの問題集を繰り返して勉強したということにつきるのです。

これは単なる理解や暗記を超えて、解法や問題の完全なる習得ですね。テスト問題をちらっと見るだけで、何が問われているのかが予測でき、また答えの数値や用語、説明のしかたなども頭に容易できている状態ともいえます。あとは微妙な設問との違いに注意し、正しく答えるようにするだけ。まあ、これが力強い、確かな実力の正体ともいえます。

教科書やワーク類の知識もたしかに重要なのですが、それ以上になにが入試レベルで問われている問題なのか、また必要な知識なのか、それに照準を当てて作ってありますので、とくに社会などは一部学校で習わない知識も入っているかもしれませんが、逆にこうしたところも学んで吸収してもらえば、実力の幅も広がることでしょう。