E-juku1st.Comの中学数・英問題集中学生の学習のしかた

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 トッポ先生のちょっと回答、あれこれ お問い合わせ ご注文

 HOME 中3英語実力テスト対策  入試図形問題の攻略Version4 <新版>入試理科の攻略



 高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§666 定期テストの点と実力テストの点・第2弾(中2生対象)
<定期テストの点と実力テストの点がなぜかくも違うのか?>

 中3生を想定した「定期テストの点と実力テストの点<定期テストの点と実力テストの点がなぜかくも違うのか?>」というブログを、HPに載せてます。これはいいのかわるいのか自分でも判断しかねるのですが、390近いブログのなかでロングラン、一番多く読まれているようです。

 そこで今回、現時点中2生はどうなんだと、ターゲットを中2生だけにして、同じテーマを書くことにしました。生徒Aから生徒Eまで5人の成績をもとに、実力の推移をみていくことします。

 5人といっても成績のグループは3つに絞り、これに属さない生徒もいるでしょう。そもそも生徒の環境(授業とテストの難易度、部活や通塾の有無、その他)や資質、勉強に抱える時間によって成績の中身と実態もまちまちなわけですから、数値だけをみて判断することは適切でない面もあります。しかし、それを承知の上で、80%から90%当て嵌まることを一般化してみました。

 厳しい目線で書いていますが、成績を評価する際のひとつの尺度、あるいは先々実力との差が開かないようにするための注意点として、参考にしてもらえばと考えている次第です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ○:1学期期末テスト
      □:2年最終実力テスト(あるいは中3初め実力テスト)
      ■:3年夏休み明け実力テスト
======================================================================
1.生徒A ○ 465点(数学95点、英語97点、国語88点、理科94点、社会91点)
      □ 442点(数学94点、英語95点、国語83点、理科84点、社会88点)
      ■ 467点(数学95点、英語96点、国語87点、理科95点、社会94点)
======================================================================

 定期テストの点、とてもよくとれています。2年末の実力テスト(あるいは中3初め)では20点すこし下げてしまいましたが、中3または夏休み終わりまでに、理科と社会の復習がきっちりできたのでしょう、定期テストとほぼ同じ点数まで見事盛り返しました。

 それも、数学と英語の実力がまず基盤に、しっかりにあったからですね。点数が一時的なものではなく、このことは2年末の実力テストでほとんど下がることなく、いい点数がとれていたことからもわかることです。そして、引き続き中3でも、実力をつける勉強がふだんのなかでしっかりできていることが覗えます。国語の力もまずまずですし、安定しています。

<定期テストの点と実力テストの点がなぜかくも違うのか?>のケースに当て嵌まらない稀な例ではありますが、クラスに一人あるは学年で数人はいますので、知っておいてください。

 ただ、この点数だけではまだ計れないものが、ひとつあります。それは、数学の学力。ほかの4教科の入試での点数はおよそ類推できますが、数学だけは、この時期の実力テストと入試数学では、確実に落差・乖離が存在して、そのなかで、非常に重要な位置を占める図形力に関して、果たしてどの程度力があるのかは上記の点数だけでは掴めないのです。とても注意が必要です。くれぐれも図形の勉強だけは常に怠りなく、十二分に基礎と応用をやってください。

======================================================================
2.生徒B ○ 458点(数学94点、英語95点、国語92点、理科90点、社会87点)
      □ 407点(数学85点、英語88点、国語85点、理科72点、社会77点)
      ■ 423点(数学88点、英語92点、国語84点、理科78点、社会81点)
======================================================================

 さて、生徒B。本来なら430点前後の生徒を載せるべきなんですが、生徒Aと対比・検討できるように、あえて成績の近い生徒を書きました。

 見てのとおり、定期テストの点数はとてもよいのに実力テストとなると50点もダウンしました。

 こうした生徒はいるのか、ですって? はい、すくなくとも生徒Aよりは、数的にまた確率的に高いのではありませんか。

 定期テストの点数458点、ほんとよくとれています。真面目に頑張っているから、そして5教科万遍なく努力して勉強しているからとれる点数でしょう。数学94点、英語95点、国語92点、理科90点、社会87点。すごくいいと思います。ケチのつけようがありません。

 それなのに、2年間の学習範囲の実力テストでは、すべて点数を落としている。数学94点→85点、英語95点→88点、国語92点→85点、理科90点→72点、社会87点→77点。

 数学も英語も力は目減りしている。国語はこれでもいいかと思いますが、理科と社会は、はっきりと学力が落ちていることが見てとれます。 

 つまり、勉強の質と量に問題があるわけで、実力の定着がじゅうぶんできてない勉強の進め方をしていることが推測し得ます。では、どう勉強していくのがいいのかは、厖大な量のブログ(380以上)で言及、説明していますので、ここでは省きます。あくまで、成績をどうみるかの注意点として、ご参考にしてください。

 注意点といえば、ほかの生徒例にも共通していることですが、こうして成績の推移を俯瞰的に、また最終ではないですが結論から客観的に見ているわけです。当事者(生徒及びご父母方など)はいま現在に居るわけで、先のことがなかなかわからないのです。

 この勉強のしかたと量でいいと思い、また2学期も3学期も同じようないい点がとれました。で、中2最終の実力テストの結果です。

 しかし、これはオカシイ。というのも、80%前後の確率で、おそらく塾に行って勉強していることでしょう。5教科の模試があるではありませんか。そこに出る偏差値で5教科の自分の実力を、中2のあいだに5回以上掴んでいるはずですね。よって、先のことはなかなかわからない、と上で書きましたが、それ相当に認識できてるはずなのです。つまり、この定期テストと実力テストの落差を埋める勉強が、自分でできていないのですね。

 英・数の実力も微妙に減少しているのがわかりますし、理科と社会なんてあきらかに大きく落ち込んでいます。そしてなにより言いたいのは、中3になってからのリカバリーの勉強。夏休み明けの実力テストでは、前回の407点から423点とすこし上がったけれど、数学と英語はほんのすこしです。理科と社会は、どうしたんでしょう、復習がじゅうぶん実行されてはいませんね。

 もしこれで公立トップ高を志望しているとしたら、その可能性はぐんと低いのではないでしょうか。

======================================================================
3.生徒C ○ 408点(数学94点、英語88点、国語73点、理科76点、社会75点)
      □ 350点(数学76点、英語80点、国語65点、理科62点、社会67点)
      ■ 348点(数学76点、英語85点、国語63点、理科58点、社会66点)
======================================================================

 けっこう多くいるのが、この生徒Cのタイプです。定期テストも400点を超えています。クラストップの生徒にはまだまだ及びませんが、それでも数学と英語に関しては高い点数がとれていますし、おそらく塾に行って数・英の勉強を厚めに勉強していることでしょう。自信もあるかな・・・。

 もうちょっと頑張れば、もっと上の点数がとれると思っています。それにはやはり、70点台の国語と理科、社会の科目に問題があることは自覚しています。しかーし、思っていることとやることは別ですから、このやるほうがどうもいつも後回し、気持ちもついていかない。塾でこの科目の勉強があれば、それをするだけで、自分で他に勉強することはないまま。

 さて、実力テスト。なんと数学も英語も点数は下がっている。これは、わたしから観れば、当然といえば当然の姿であります。だって実力をもっと真摯に鍛える演習とくり返しの勉強が、ふだんのなかでまずできてないことが覗えるから。

 それにもまして、国・理・社の点数はどうだ? すべて60点台に落ち込んだ。生徒によっては50点台になる科目もあるかと思うけれど、なんと58点も下がって、合計は350点である。<定期テストの点と実力テストの点がなぜかくも違うのか?>に当て嵌まる生徒が、このゾーンにも居るということを承知しておいてください。

 こうしたことにならないように、中2のあいだにもっと適切な勉強が必要だと思いますよ。それは英語と数学にもいえます。定期テストの点数が、実力と相関しているとは必ずしもいえないことをしっかり認識し、もっと違う角度からの豊富な演習をしてみてください。理科と社会は、言うまでないでしょう。

 では、中3に入ってからの勉強はどうだったのか? 定期テストのほうはこれまで同様、400点をすこし超えているとします。でも夏休み明けの実力テストの成績、ほとんど変化はありませんね。

 本人なりに真面目に勉強していることは認めます(エラそうな言い方で、すみません)。しかし、結局は、中2の勉強のしかたとまた塾など人に頼った勉強だけに終始し、自分でやればできる基本を鍛える勉強というものを、意識のなかにつねに置いて真剣に向き合うことができず、実践できなかったのでしょう。

 定期テストで400点すこし、あるいはもうちょと頑張って430点くらいの力があれば行ける高校に、この生徒Cは進学できるか?と考えると、皆様はどう判断されますか。可能性はあるでしょうが、現実は大いに厳しい面があることを指摘しておきたいと思います。

======================================================================
4.生徒D ○ 404点(数学83点、英語90点、国語80点、理科75点、社会76点)
      □ 374点(数学78点、英語85点、国語68点、理科72点、社会71点)
      ■ 398点(数学82点、英語87点、国語74点、理科80点、社会75点)
======================================================================

 生徒Dは、生徒Cとの比較でみてください。

 定期テストの合計点数はほぼ同じです。厳密にいうと、数・英の点数が逆になっていますが、国語は生徒Dのほうがやや上、理・社はまったく同じといっていいくらい。

 中2が終わった段階の実力では、生徒Dは374点で生徒Cより24点上です。また定期テストよりの減少は30点でした。これは許容範囲かな?・・・、とも思います。

 注目すべきは、理科と社会の点数がそんなに下がっていないことです。定期テストの点数は75,6点といまいちのように感じますが、実力テストもそんなに変わっていない。平均点当たりの生徒なら2,30点はふつうに下がるのですがそんなことはなく、どうも理・社の地力はあるようです。逆にいえば、定期テストで気持ちを込めた勉強ができていないのかもしれません。

 さて、中3の夏休み明けの実力テストでは398点と盛り返しました。どの科目がぐんとよくなったとは言いにくいところですが、見てのとおり、実力テストでの比較では、すべてよくなっています。

 基本的なことですが実力テストというものは、中1、中2、中3となるにつれてその出題範囲は広がっていきます。まるで空気は膨張すると冷えるように(ただし、熱の出入りがまったくない状況下で)、学習範囲が広くなると、生徒がとる点数は下がります。(この譬えはどうもしっくりしないところもありますが、直観的にいえばそうです。)

 ですから、なにもしなければ大いに下がる、そこそこふつうに努力して現状維持、努力の方向性を間違わず、その度合いが深まるにつれて上がる、といえるかと思います。

 この生徒Dは、1.2年の復習もよくこなし、そのほかの勉強もしてきたことが推測されます。ただ勉強のしかたとその材料によっては、もっと成績と実力を上げることができるのではないか、とも想像します。

======================================================================
5.生徒E ○ 350点(数学74点、英語75点、国語65点、理科63点、社会73点)
      □ 270点(数学56点、英語62点、国語55点、理科48点、社会49点)
      ■ 242点(数学48点、英語54点、国語48点、理科45点、社会47点)
======================================================================

 さて、生徒Eですが、この成績は公立中学生の平均的姿を現しているといえるでしょう。

 中3の実力テストになると一般に、平均点が235点から250点になるのがふつうです。ですから、定期テストで350点をとっているのに242点と大きく下げてしまったのには、わたしからすれば、さほど驚くことではありません。とても多くの生徒が、このへんに居るということです。

 中2の1学期の定期テスト、合計点が350点。国・理は60点台ですが、数・英・社は70点の真ん中あたりをとっており、それほど悪くはないと思っている生徒、親御さんも多いかもしれません。

 たしかに73点や75点という点数は、見た目にもうちょっと頑張れば、80点以上に届きそうな感じですし、また実際そういうケースもなかにあるでしょう。

 しかし、その後の2学期、3学期も70点すこし(ときに60点台後半)の点数をとり続けていれば、どうでしょうか? この点数の集積の結果が、2学期最終(or中3初め)の実力テストの点数270点なのです。各科目の点数、数学は56点と下がり、英語も62点、国語は55点、理・社にいたっては50点を切ってしまいました。

 さらに、中3になってもいままでと同じような点数をとっているにもかかわらず、そして塾でも対策の勉強を受けて勉強しているのに、夏休み明け実力テストではほとんどが40点台という点数になってしまい、合計点でも242点と下げてしまいました。

 定期テスト70数点の実力の正体が、これでわかるかと思います。もちろんこれは、他の科目の点数との絡みで見なくてはなりませんし、一度っきりではなくその後の推移(あるいは過去の推移)で判断すべきなのですが、諸条件(テストの難易度、出題範囲など)があるにしても、それでもおよそこのような感じになるのが一般的です。

 この成績で、行ける公立高校はいっぱいあるかと思います。しかし、定期テストの成績からみて、もうちょっと上の公立高校に行けると、中2の現時点思っている場合、たとえ内申的に足りていても実力的に危うい、と判断されるケースが中3では多く、志望校の変更を余儀なくされることになるのがふつうでしょう。

 こうした指摘は耳に痛く、また不愉快に感じる方もおられるでしょう。学校も塾もネット上もアマイ言葉で満ち満ちています。それに抗うちいさな一石を投じる形になれば、と考えている次第です。

 中2生にとっては、まだ1年後です。じゅうぶんな期間があります。ここで一度立ち止まって、自分の勉強のしかたと中身を総点検、そして5教科の実力のつき方を観察、疑ってみることが、次のよりよい勉強に繋がることと考えています。

 以上です。

===================================
 ちょっと補足。吾が問題集にすこし関心がある方だけに。

 問題集の説明はもうかなりいろんなところでしていますので、ここでは極力簡単に。

 定期テストでいい点数がとれるような問題集というのは、もちろんすばらしいのですが、それ以上に、定期テストでとった点数が実力テストでもしっかり維持でき反映するような、そんな作りの問題集が、ほんとうは最高にすばらしいだと考えています。それを目指し、あらゆるノウハウを駆使して作ったのが、トッポ先生オリジナル通年用数・英問題集と理科、社会の問題集です。 詳しくは、説明ページ
===================================


 以下、ご参考まで(最新ブログ)
 =================================
   NO.703 公立トップ校への体験談<合格への道>
 =================================

 現在、ホームページのスマホから読まれる方にスマホ専用ページを作成して
るのですが、取りかかってすでに2カ月近く費やしました。しかしまだ主要な
ページである「中学生の学習のしかた」だけは完成には至らず、作業として残
っています。なにぶん厖大な量があり、すべてではなくともある程度形をつけ
るのに、あと1か月あまりかかることでしょう・・・。

 さて、そんななか、これはいいブログだなと思うのをみつけました。或るお
母様からいただいた高校合格の体験談になりますが、中3生だけでなく中1,2
生をお持ちのご父母の方にもご参考にできる内容が詰まっているかと思います
ので、下に載せてみることにします。

---------------------------------------------------------------------
 ○○県の中でも1,2を争う公立トップ校に見事合格されたのですが、その体
験談、志望校を目指す過程を書いていただきました。これから志望する高校へ
向けて勉強に励む生徒やその父兄の方に、また、いまはまだ中1や中2だけれど
も、成績を上げて、できるだけ上位の高校を目指そうと考えている生徒やその
お母様たちに、以下の内容が少しでもお役に立つこと、また参考になるところ
がいくぶんかでもあればと思っている次第です。


******************

 我が家には、今春、地区のトップ校と呼ばれる公立高校に合格し、通学し始
めた娘がおります。

 この娘、中学の2,3年の二年間、トッポ先生と先生の問題集にどれだけ支
えられ、実力をつけていただけたか知れません。もちろん、通塾生ではありま
せん。苦手科目もありました。問題集をいつも、計画通りに、順調に進めてい
たわけでは、決してありません。けれども、最終、5教科の得点力を揃えるま
でになりました。力を付けていく上で、娘にとって、これ以上の問題集はなか
ったと思っています。

 では、経緯をお話したいと思います。

 教育不熱心だった私の元で、お勉強系の習い事ひとつさせてもらうことなく
中1の3学期を迎えた娘。ポツリと「英語がよくわからない。」 情けないの
ですが、この時点ではじめて、慌てて、いろいろ検索したのでした。そして、
トッポ先生のHPに辿り着き、私は意識改革(?)されました。

 トッポ先生の勧めで、メルマガの確認テストを受けさせようとしたのですが、
本人は、「英語を何とかしたい。」などと、あまり思ってなかったのです。学
校のテストは、そこそこ取れていたので、危機感がないのは当然だったかもし
れませんが。しぶしぶ受けたそのテストの結果は、・・・・悲惨でした・・・。
50点にも満たなかったのです。

 そこで、「中1英語REVIEW問題集」をすることにしたのですが、申し込むま
でが大変! 思春期の難しい年頃、素直に親の言うことなど聞き入れません。
しかも、今まで勉強の「べ」の字も言わなかった母親が豹変(?)したのです
から面食らったのでしょう。反発するのは当然の成り行きでした。それでも、
説得に仕方なく応じて、英語が大の苦手の、頼りにならない母親の私と”茨の
道”への二人三脚が始まりました。2年生の5月ごろでした。

 何が”茨”なのか?
 休日もほとんどないハードな部活動をしていました。ゆえに、いつもくたく
た。学校の宿題以外の学習習慣がありませんでした。ゆえに、頭も体も急には
変われない。口と耳と手を動かして覚えていかなくてはいけないものを、頭で
理解してから前に進もうとする。「知らない単語ばかり出てくる。」と苛立ち、
「書いて覚えるんだ。」と言えば、「手が痛い!!」と怒り出す状態でした。
「英語は嫌い!」とよく言っていましたね。

 すったもんだしながら(投げ出したくなりながら)、随分経ったころ、突然
すらすらと進むようになってきたのです。何度も何度も、間違えやすい箇所が、
繰り返し出てくると、不思議と問題から先生の声が聞こえてくるようでした。
(聞いたこともないのに。)「ええ加減、もう覚えたやろうな!」と言う声が。
先生はよく、「自然に身につくなんてことはない。」と書いておられますが、
先生の問題集に関しては、やっているうちに、自然と、「何に気をつけなけれ
ばいけないのか」「ここは間違えやすいんだな」ということを気づかされます。
問題集を始める前は、手も足も出なかった英作も、終わるころには書けるよう
になっていました。これはすごいことだと思います。

 その後、夏休みに「中2数・英問題集」に移り、1学期分の復習を、と思っ
ていましたが、部活が異常に忙しく(本人は、しんどいながら、楽しくて夢中)、
手を付けずじまい。9月ひと月で(先生には無謀と言われましたが)英語の復
習を終えました。このころはまだ、「英語は嫌い。」と言っていましたね。

 この年齢になってからでは、これほどまでに学習習慣はつかないのか、と絶
望する(?)ほど、思い出したように、たまに英語に取り組むくらいで、数学
は、定期テスト対策に手を付けただけでした。(それも、自分からではありま
せん。)そんな状態でしたが、英語の力は少しはついていたのか、2学期の通
知表は念願(本人の念願ではありませんね、私のです。)の「5」を頂いてき
ました。それはもう、感激しました。それまでは、「5」には程遠い「4」だ
ったのです。

 英語に関しては、本人の意思に反して、荒治療(?)を行ってきましたので、
多少、後ろめたさがあったのですが、中3の後半になって、「あの時、母さん
が気づいてくれたから・・・」と言ってくれたときには、罪悪感も消え去り、
ホッとしました。

 英語は少しずつ嫌いでなくなってきたようですが、2年の間にもうひとつ厄
介なのが浮上してきたんです。社会でした。嫌いじゃなかったようですが・・
・。

 そして、いよいよ受験生になる春。娘の志望校はトップ高です。けれども、
英語はまだ心もとない。数学は、演習が足りず、安定していない。国語もたま
に調子が悪い。社会は、大の問題科目。安定しているのは理科のみ、という状
態。おまけに、部活は秋までありますし、学習習慣はついていない。中2の2月
に受けた模試の偏差値は、62.9(5教科)。「射程圏内」とトッポ先生に励まし
ていただいたものの、難しいのではないか、と私は考えていました。

 3年の学習は、特急で作ってくださっていた「入試社会の攻略」、「入試図
形問題の攻略」「中3数・英問題集」(数学は出来ませんでした。)と並行し
て塾に通い(筆者注:中3から)、数・英の予習に当てることにしました。

入試社会の問題集を初めて目にしたとき、「すごーい!」と二人で歓声を上
げました。本来、自分でこうやって、文化や政治などに分けて、まとめていけ
ば一番よいのでしょうが、そういう時間も取れない娘にとっては、宝物のよう
な問題集でした。地理も何を覚えておいたらよいのか、どのようにグラフなど
を読み取っていたらいいのか、やっているうちに身につくように作られていま
した。

 年表をトイレにも張り、1回目、挑戦! 結果は、見事に、答案用紙が真っ
赤に・・・。娘は呆然としていました。教科書や用語集などで確認しながら、
覚えているようでした。

 ただ、もともと、数学を解く方が好きな子なので、図形の問題集を始めると、
社会を後回しにしてしまいます。この図形も自分で解けるまで、解説は見よう
としないので、時間がかかるばかりでどんどん溜まっていってました。(しか
しながら、この要領の悪いマイペースさが、最後には図形の力として発揮され
たのですが。)

 英語のほうは、慣れてきたのか、短時間でこなせるようになっていたようで、
問題集の後、メルマガで確認、と言う流れを作っていたようです。「英語、面
白くなってきた。」と言うようになっていました。

 受験生にとって大切と言われる夏休み。娘は、毎日部活通いだったので、限
りある時間の中で、弱点科目の社会と英語に絞って勉強していました。もちろ
ん、トッポ先生の問題集で。その甲斐あって、夏の模試では英語の偏差値が69、
社会は2月に偏差値50台だったのが70を超えました。

 しかし、社会は2学期にはいってからの学校の実力テストでは、反映されず、
10月には体調を崩し、がんばっているつもりなのに、学校の点数は伸びない。
このころは苦しい時期でした。

 が、3学期に入ってからは、いきなり社会の点数が跳ね上がり、受験まで保
ち続けられました。本人の話では、年表を覚えていたのがとても役に立った、
地理が結構面白くなったし、歴史の流れがよくわかるようになった、というこ
とです。

このころ、英語のほうは、「中3英語実力&入試対策問題集」に取り組んでい
ましたが、これは難しく、メルマガのように、簡単にはいかなかったようです。
それにしても、先生の問題集のおかげで、文法はしっかり身につきました。何
より、英語は体に染み込ませる、ということを教えていただけたと思っていま
す。

また、数学は、塾と図形特訓との相乗効果が出てきて、図形の溜まっていた
問題は、どんどん解き進んで行けるようになっていました。問題を見ると、補
助線がスーッと見えるようになり、解き方も浮かんでくるようになったそうで
す。テストで選択問題があると、迷わず「図形」を選ぶほど得意になっていま
した。最終の模試の偏差値は、78という数値でしたから、びっくりしてしまい
ました。実際の入試でも、図形を選択し、高校で入試の点数を尋ねると、なん
と数学は満点だったそうです。

中3の1年間で、何度か模試を受けましたが、その平均値は5教科で 70を超
えました。ここまで成績を伸ばせたのは、先生の問題集のおかげ、いつも励ま
し続けてくださったトッポ先生のおかげだと思っています。本当に感謝の気持
ちでいっぱいです。

娘は今、あこがれだった高校の生徒の仲間入りが出来、部活に、宿題に励ん
でいます。
---------------------------------------------------------------------

 スマホ専用ページ http://www.e-juku1st.com/smart/s-index.html