E-juku1st.Com
中学数・英問題集
の販売とサポート!詳しくはトップページをご覧ください。
中学生の学習の仕方 中学生の学習の仕方
■ 数学・定期テスト対策のプリントすこし
塾に頼らない自立学習型問題集 説明ページへ
中学1・2年の数学の内容をポイントを押さえ、がっちりと復習、実力を強化する問題集!
HOME 中2数学実力テスト対策問題集 中3数学実力テスト対策問題集  中学数学/1・2年の復習問題集 ご注文

 中1数・英(通年用)問題集 中2数・英(通年用)問題集 中3数・英(通年用)問題集
 塾か、家庭教師や通信教育か、それともE-juku1stの通年用数・英問題集を利用しての勉強か?!
 中1、中2.中3とふだん行う勉強とは、新しく学んでいく知識や内容をひとつずつ蓄積、増やしていく勉強である。しっかり理解することはもちろんですが、
英語も数学も理解しわかったあとの、具体的に正しく使いこなす力と応用する力を身につけていくことが必要です。それには豊富な演習が要るのです。
また習ったことを確かな実力として蓄えるには、規則的な復習と、忘れそうなor忘れしまった頃のくり返しの学習が大事ですね。
 これらをひとつの問題集で、勉強をつねに前に進めつつどう正しく組み立ててゆくか、その方法とノウハウがいっぱい詰め込まれた、平常学習による
実力養成問題集です。

 <注>数学は各学年、1学期の中間テスト対策用のものしかここでは載せておりません。もしテストでいい点数が
 とれて、もっとふだんからきちんと豊富に勉強したい生徒は、上記の通年用数・英問題集をご覧ください。


■□定期テスト対策プリント(単元ごと)□■・・クリック(下のNO)してページを開けてください。
  
テスト対策 1学期・中間用  Pt. number   解答
中1テスト ・正負の数 NO.1 NO.2 NO.3 NO.1 NO.2 NO.3
中2テスト ・式の計算 NO.1 NO.2 NO.3 NO.1 NO.2 NO.3
中3テスト ・式の展開、
 因数分解
NO.1 NO.2 NO.3 NO.1 NO.2 NO.3


 定期テスト対策の内容:中1・2・3年の数学各単元を、対策Pt.として3回分(No.1,NO.2,NO.3)
                用意してます
  ※利用方法-このページの下の表の目的の単元をクリックして、あてはまるページを開け、ファイルから
    印刷を指定、コピーされたPt.をするだけです。

  ■Pt.-NO.1:基本です。学校の教科書レベルの基礎です。まず完璧に解く事です。学校のテストでは
    最低70点以上は取れるでしょう。
  ■Pt.-NO.2:学校のテストの応用、ちょっと難しいな、というレベルが入ってます。入試で言えば基本
    レベルです。高校入試の軽い訓練にもなります。ここをマスターすればテストでは90点近くは取れ
    るでしょう。
  ■Pt.-NO.3:応用問題です。入試を意識した問題作りで、努力すればそのノウハウを吸収できます。
    能力とチャレンジ精神のある生徒はトライしてみて下さい。
   (ただし、上記の内容は中2,3年生に当て嵌まることで、中1生はNO.3まで徐々にレベルアップという
   問題内容です。

 勉強のしかた(テスト対策の正しいしかた)・・自然に身にはつかない!やりっぱなしは愚の骨頂!
  
 ※プリントのNO.1とNo.2は必ずやってください。(NO.3は数学の実力のある生徒向けです。)
  ・まずNO.1をします。解答をチェックして採点、出来なかった問題、ミスをした問題を赤で直し、理解
  、時には暗記します。次に、大学ノートに間違った問題を全部写します。(写すことも勉強です)
  そして自分の力でもう一度解きます。赤で丸つけ、もし出来なかったら今度は徹底して覚えること!
 
  ・次にNO.2をします。やり方はNO.1と同様です。NO.2の中でどうしても解らない応用タイプの問題は
   構いません、しかしNO.1は完璧に出来るように、そしてNO.2もある程度までは解けるように、そして
   テストに臨みましょう。

  ・時間と能力に余裕のある生徒はNO.3を解いて実力を磨いてください。

  ☆もしテストをして力不足と感じたなら、学校の教科書、プリント、or塾の教材で基本の勉強のやり
   直しが必要でしょう。
  
 このテスト対策プリントは本来B4Pt.で塾で使ってるものですが、パソコンからの印刷を考えますとA4Ptでなければならず、.
そのためすべててA4に作り変え横向きでお届けしてます。B4からA4への縮小では見栄えはいいけれど実際うには不便で
あり、計算スペース、図形を書くスペースが何よりも大切です。また問題・解答とも手書きなので、見にくいところはご容赦く
ださい。