中学英語・中学数学のオリジナル問題集(社会&理科も好評)の販売とサポート!
中学生の学習の仕方 中学生の学習の仕方
 「中学生の学習のしかた」
中学生の学習
のしかた
中1数・英問題集
中2数・英問題集
中3数・英問題集
トップページへ
戻る

  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§19社会について思うこと VOL.3 new
<「歴史」は歴史年表でしょう!!>

 今回は中2で習う社会「歴史」(直列の場合)について考えてみましょう。

 初めに、一番言いたいことを書いておきます。それは、「歴史は、年代を暗記すること!」です。ぜひお勧めしたい。

 現在の中学ではあまりこのような指導をしていないように思われます。また入試に向けた問題集で、歴史の勉強のしかたのアドバイスを見ていますと、細かいことに捉われず歴史の流れを掴むこと、その出来事の背景などをしっかり理解すればいい、などと書いてあったりします。

 わたしからすれば、これら中学の指導(or無指導)やアドバイスは、生徒の歴史に対する知識の実態をとんと知らない、なんてピンとのずれた不毛な見識なんだろう、と呆れるほかありません。

 勉強を進める上に於いて、「生徒の暗記力」というやっかいな問題があります。これは既に数学でも、英語でも述べてきたことですが、社会の歴史についても、はるかそれ以上に問われる課題です。一部の生徒(私の経験則では、わずか3%〜5%ぐらい)を除いて、大半の生徒が、この「暗記力」なるものをじゅうぶん身につけていないなあと、あるいは暗記のしかたとその訓練を満足にやってきていないなあと、実感することが度々あるわけです。

 このことをもう少し具体的にいえば、次にような現象です。たとえば、1学期の中間テストで古代から四大文明、日本の縄文時代からまあ飛鳥時代まで習ったとします。

 A君は93点とりました。いい成績ですね。B君は75点、C君は68点とったとしましょうか。次の期末テスト、奈良時代から鎌倉時代までのテスト範囲とします。A君は89点、B君は72点、C君は63点でした。

 夏休みが終わり2学期、中間テスト。室町時代から世界の動き、歴史も入り江戸前期までテスト範囲としましょう。

 A君91点、B君79点、C君72点。次は、期末テスト。江戸後期からヨーロッパ産業革命、日本の明治維新まで。A君?は88点、B君は75点、C君は63点。

 3学期に入り、学年末テスト。日清・日露戦争から第二次世界大戦までがテスト範囲。
 A君は92点、B君は78点、C君は71点でした。

 さて、中3になりました。実力テストがあり、今回は中1の地理はなしで、わかりやすいようにあえて範囲は歴史だけとします。さあ、どういう結果になるでしょうか? もちろんテストの内容は平均的で、習ったなかのやや専門的な、詳しく掘り下げた問題は省き、基本的知識ばかりの出題構成とします。

 平均点が48点だったとしましょう。

 もしここでA君が80点以上とるなら、実力はまずまずあるかなといえます。しかし68点しかとれないとすれば、どういうことがいえるのか? たまたま悪かっただけ? いえいえ、これが本人の正しい実力なんです。忘れてしまったんですね、基本的な知識すら。つまり、暗記力がいい、とは言い難いのです。ところで、B君とC君は? 56点と45点ぐらいではなかろうか、と推定されます。

 この点数のどこが悪いの、また覚えればいいじゃないの、と気楽に考えるのも一つの考えだと思います。しかし、それ以上に忘れている「地理」がありますよ、中3では「公民」もまた勉強しますね。残念ながら、このへんが各生徒の実情ではないでしょうか。

 この現象を生徒の次元で分析すれば、上で書きましたように、まず暗記のしかたそのものに大きな原因があると思います。
 
 即ち、「経糸(たて糸)」しか通していないんですね。経糸しかない布なんて想像できませんが、あえてたての糸しかない面をちょっと頭に描いてみてください。横からすこし圧力を加えると簡単にぐらつくでしょう。その状態なんです。では、ぐらつかないようにどうすればよいか?――「よこ糸」を通せばいい! 経糸とよこ糸ががっちり絡めば、そうぐらつくことはなくなるでしょう。一度学習して覚えた知識が時間が経ってもそうそうぐらつかないことが、実力の正体そのものではありませんか? ならば、この「よこ糸」とは何か?!

 わたしが知るものとしては、ふたつあります。ひとつは「歴史年表」で、もう一つは「歴史雑学」です。どうすれば「歴史」について“強く”なるのか?! それには、この「よこ糸」を自分で紡いでもらいたい。その紡ぎ方を体得すれば、先の話になるけれど高校に入って日本史、世界史を学ぶ際、大きく役に立つことを知るでしょう。

 歴史年表をたえず横に置いて、見る。あるいは、勉強机の近く目に触れるところに貼る。でも、それは教科書の裏にあってつねには見づらい、なんて声も聞こえてきそうですね。それなら、それを剥がせばいいだけでしょう。

 習った範囲までの重要年代を暗記するのです!! もちろん、基本的な出来事とあわせて覚えること。これは進むにつれ、即ち1学期、2学期、3学期とだんだん覚えていく量が増えることを意味する。定期テストの範囲だけ、それも範囲の2,3か月のあいだ覚えているような甘い勉強ではいけない。それは、「たて糸」そのものでしょう。「よこ糸」を通すこと! 前半に比べ後半の歴史になると、暗記すべき年代も俄然増えていきます。しかし、何事も訓練しているとコツを覚えるもので、そう厭わしく感じることもなくなるものです。

 ここで少しテストを出してみます。<A>と<B>と<C>の三つを用意しました。よければやってみてください。

<A>は歴史をまだ習う前の中2生に。<B>はすでに終えた中3生に。<C>はBが物足りないな感じる中3生に。

<A>〜小学6年生レベル
(問い)次の年代から、日本の歴史で思い出すことは?
 1.1600年  2.710年  3.794年  4.1192年  5.1853年

<B>〜中2の基礎事項
(問い)次の年代から、日本の歴史(日)、世界の歴史(世)で思い出すことは?
 1.1492年(世) 2.894年(日) 3.1858年(日) 4.1894年(日) 5.1929年(世)

<C>〜中2の歴史知識は本物?
(問い)次の年代から、日本の歴史(日)、世界の歴史(世)で思い出すことは?
 1.1517年(世) 2.1221年(日) 3.743年(日) 4.1936年(日) 5.1789年(世)


【解答】
<A>1.1600年(関が原の戦い) 2.710年(平城京) 3.794年(平安京)
 4.1192年(鎌倉幕府) 5.1853年(ペリー浦賀来航)

<B>1.1492年(世)(コロンブス、西インド諸島到達) 2.894年(日)(遣唐使の廃止)
 3.1858年(日)(日米修好通商条約) 4.1894年(日)(日清戦争)
 5.1929年(世)(世界恐慌)

<C>1.1517年(世)(ルターの宗教改革) 2.1221年(日)(承久の乱)
 3.743年(日)(墾田永年私財法) 4.1936年(日)(2・26事件)
 5.1789年(世)(フランス革命)

 さあ、どうでしょうか(もし、テストをした場合)? 

 説明はないし、文章もないし、こんなのわからん、という声が聞こえてきそうです。しかし、ちょっと考えてみてください。説明文やヒントになる言葉があれば全てできるんですか?と。わたしがここで重点を置いて言及してるのは、52点の成績ではなく、すくなくとも80点以上とる実力に関してです。(ほんとは基礎的事項の問題なら、95点近くはとってほしいものですが・・・。)

 歴史年表を絶えず見て覚え、更に重要年代を暗記する、つまり「よこ糸」をしっかり通して記憶を強固にすること! これが歴史に強くなる学習法です。更に一歩進めたやり方は、「自分で歴史年表を作ること」です。(わたしなどは中学の折、実際作りました。それで、かなり記憶が強固になったものです。)

 「よこ糸」のふたつ目、雑学について触れておきます。歴史の教科書以外に、自分で「断片的」でいいので、「あっ、これは知ってるよ!」という知識や記憶が、学校の授業で習う前にもっと欲しい。ところが現実は、小学校ですでに大まかな歴史について習ってるはずなんですが、実際簡単なことを聞いてもきれいさっぱり抜けてる生徒の、なんと多いことか・・・。

 中学の歴史は、譬えれば、荒い網目の中にやや細かい網目を織り込んでいくようなものですから(高校では更に細かい網目になる)、最低荒い網目は知っていなくてはなりません。しかし、それがあまり無いのが、驚くことに大半の生徒の実情でしょうか。

 というと、どうなるかすこし極端にいうと、30%の知識(小学)に残り70%(中学)を吸収するのではなくて、0%に近い状態であらたに100%学ぼうとする形といえますから、知識の定着と溜まりようは、見かけと違い、低くのなるはしかたがないところなのでしょう。

 まあそれはさて置き、「雑学的知識」で提案できるのは、漫画とテレビでしょうか。本当はもっといろいろなところにあるわけですが、生徒が実行しやすく、かつ現実的な方法としては、このふたつかもしれません。

 歴史マンガがありますよね。二十何巻かありますが、その中で気に入った本から読んでいけば。中身はけっこう教科書以上に詳しいですね。たとえば、「源頼朝」を主人公に扱ったマンガなら、鎌倉時代の武士とそれを取り巻く社会が実によく描かれていますね。御家人や封建制度がわかり、その前の平清盛との関係が知ることができ、北条政子の承久の乱(よくテスト、入試問題で出ますね)での檄を飛ばす状況、甥の北条泰時が執権政治を確立したこと、御成敗式目についても知り得ます。

 歴史全体を見渡せばそれはほんの一部分ですが、記憶のなかに鎌倉がはっきりイメージでき、ひとつの歴史的実のよりどころとなる。これは本当に大事ですよ! また、同じように「聖徳太子」がわかれば飛鳥時代のイメージができ、「織田信長」を知れば安土桃山時代が彷彿しえる。彼が行った貿易が、まさかテストで、勘合貿易とか朱印船貿易とか答えるはずがないと思いますよ。イエズス会のフランシスコ・ザビエルの宣教師と関連したスペイン、ポルトガルの南蛮人、つまり南蛮貿易になるはずですね。

 このように、記憶のよりどころが断片的にではあるにしても、もしイメージできたとすれば、これは上で述べたように、たしかな「よこ糸」なのです。これはNHKの大河ドラマなどテレビも同様ですね。学校の教科書や授業だけでなく、「歴史」を学ぶ機会はいろんなところにあります。歴史に関する知識の記憶を確実にするために、一番近いところにある「歴史年表」の活用と併せ、自分にできることを考えてみてはどうか、と思っている次第です。