E-juku1st.Comの中学数・英問題集      中学生の学習のしかた
        中学生の学習のしかた E-juku1st.Comの中学数・英問題集

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 中学生の学習のしか お問い合わせ ご注文

 HOME 中1数・英(通年用)問題集 中2数・英(通年用)問題集 中3数・英(通年用)問題集


  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§30 こんな生徒が伸びる!かな・・・
<学力が伸びる生徒の性格>

 教える側から申せば、実は教えやすい生徒と教えにくい生徒があるんですね。
 普通はどちらでもない真んなかで、割合的に敢えていえば80%ぐらい、そして教えやすい生徒、教えにくい生徒は各10%ぐらいになるのでしょうか。われながら変な表現ですが、これから述べる内容のなかに、何か学習上のヒントになるものがあればさいわいです。

 まず教えにくい生徒の方からいいますと、教えにくい生徒=成績のよくない生徒、という意味ではなく、もちろんこのケースも正直いって多々あるのですが、それよりもむしろ、その生徒の学ぶ姿勢、性格によるところが大きいんですね。

 もうすこし具体的にいいますと、二つのタイプがあります。

 まず一つ目は、比較的成績のいい生徒にもあるのです。俗っぽくいいますと、自惚れタイプです。たとえば、自分は数学ができるとか、英語ができるとか、授業中それが何気に表に出てきて、やさしい事やわかってることなどは気を抜くというか、大事な説明などしている折に、集中力が欠けるときがある生徒です。

「過信すると物事の表面しか見えなくなることがある」ように、これは生きていく上に措いてすべて当て嵌まるかと思いますが、勉強の上に措いても同様です。基本が大切です。わかってることはさらに確認しようとする姿勢が、次の応用力への土台、糧になるわけで、そこまでいかなくても、基本の実力をより強固にすることに繋がります。

 また別の厳しいいい方をすれば、このような生徒は、ほんとうに応用力を必要とする段階、レベルアップした思考力を要する問題になると(中3の入試応用からですね)、簡単に壁にぶつかるというか、力が発揮できないというか、または力そのものが備わっていないことが、しばしば露呈されてしまうんです。

 ですから、そのような生徒の態度、しぐさに触れるとわたしは、本人のためになりませんから即座に矯みます。でもですね、何度注意しても注意した訳を説明しても、どうにも直らない生徒が、たまにいるのです。これは教えにくい、と感じます。

 二つ目は、成績とはまったく関係なく叱られると、すぐ拗ねる生徒です。行き過ぎた体罰や躾はもってのほかですが、最近の子供は家庭のなかで両親や、また学校等であまりきつく叱られた経験がないのでしょうか、また甘やかされし過ぎなのでしょうか、その原因、状況をここで堀リ下げる気はありません。

 ただ、勉強をしていくということは、新しいことを次々に学んでいくんですが、そうすんなり生徒はそれらを頭に入れるわけでありません演習のなかで次々にわからないこと、安易なミスが出てきます。この箇所は注意してこうするんだと教えたあと、即座に間違える生徒も愕くほどいるのが実態で、これはまことに厄介なことであります。

 まして積み重ねの科目は、過去に習ったことを踏まえて次に進むわけで、その過去の内容を吃驚するくらい抜けてますから、それを補強しながらとろとろ進むことになります。

 教えるだけなら、ほんと、どれほど楽だろうか! 生徒が習った大事なものをぼとぼと零しながら進むのを別に気にせず、ただ目先の勉強内容だけを理解し、表面的にわからせるだけなら、大学生の家庭教師でも、新米の先生でもできます。

 問題は教えたことが、また生徒が学んだことが、如何に生徒の身についたか?!で、すなわち実力として備わっているか!で、それは言うは易し、行なうは難しの現実のなか、ある程度経験と観察を積めば、生徒がここで間違う、またわかった顔をしていても実は本当には理解していないなどなど、観えてくるものであります。

「教え過ぎる」というのもどうかと思いますが、いろいろノウハウやポイントを教えていく作業と、そこで起こるさまざまな問題点が出てくるなかで、基本の勉学姿勢が拙いと、あるいはまた生徒自身のなかに気持ちの面での前向きさがないと、学力向上どころか、勉強そのものを人から学ぶことができない可能性が出てきてしまいます。そのひとつに、上で書いた拗ねる生徒のケースがあるわけです。

 もちろんこれも、あるべき勉強姿勢に指導していくのですが、しかしなかには、どうにも直せない生徒もごく稀にですがいるんですね。これは、教えにくい。まあこれはぼやきに属する内容にしても、この種の躾、勉学姿勢は、家庭や学校で、基本的に養っていて欲しいとつよく思いますよ。理想をいってるのではなく、ごく普通の、当たり前のことを申し上げているに過ぎません。

 では次に、正反対の、教えやすい生徒についてはどうでしょうか? 今回のテーマである「こんな生徒が伸びる!かな・・・」<学力が伸びる生徒の性格>に、深く関わることはいうまでもありません。

 すでに書いた、教えにくい生徒の姿勢、性格の逆、と考えればいいのかもしれません。生徒A(女子)と生徒B(男子)の例を、すこしだけご紹介します。
 
 生徒Aは中3になってから入塾してきました。入塾テストの成績はそりゃあヒドイもので、英・数・国の3教科、どれをとってもまともなものはなく、中1、2の基礎が、例によって入っていない。偏差値でいえば、35ぐらいではなかっただろうか・・・。うーん、とわたしは深く深く唸りました。その3年生の学年の生徒たちは鍛え上げたというか、最初の成績からはかなり上がり、一番できのわるい生徒でも偏差値50までは来ており、上は68、平均にして60ぐらいはありました。

 クラス別けするほど大きな塾ではないので、今からそのなかに入ってやっていけるだろうか? この生徒にかかりっきりになると、全体が進まず、全体を優先するとこの生徒Aは一人取り残される。まあ、これは小さな塾ならどこでも抱えてる問題ですが、悩みながらもそのあたりを含め、お母さんと生徒に説明しました。しかし、それでもかまわない、とにかく公立高校になんとしても入りたい、と真剣にまた必死に訴えてきます。

「君にだけかかずらってるわけにはいかん、歯を食い縛ってついて来い、人が30分でできるところを1時間かけてやること。暗記しろ、という問題、テストは、必ず頑張ること!」など、わたしはその女生徒と母親に説明しました。

 最初は戸惑いつつも、簡単な暗記テストで、他の生徒が涼しい顔して90点以上とるところを、70点ぐらいとるのが、やっと。その生徒がじゅうぶん努力してるのはわかりつつも、「なんで、70点なんだ、もっと時間かけて覚えんかっ!」と、厳しいわたしの言葉が飛びました。授業中も当然、みんなより注意されることが多い。叱ったり、突き放したり、無理にみんなのペースに合わせたり。でも、それにもめげず、彼女はついてきます。

 そして、いつ頃からだっただろうか、他の塾生と同じ点数がとれるようになったのは。でも、私はホメめない。ホメめて木に登らすことはできても、山に自力で登らすことはできません。この方針がいいとは決して思っていませんが、とにかく自分の足で歩け、汗水垂らすのは当たり前だ、と考えている。多少同じ問題の暗記テストができたとしても、それが即、実力に繋がらないことは、うんざりするほどわかっている。 

 でもそんな厳しい指導にもかかわらず、生徒Aは誰よりも早く来て、勉強道具を机の上に置きました。静かに、地道に、コツコツ勉強しようとするその姿は、暑い夏が過ぎ、秋になる頃、ようやく報われてきました。教えたことの7割ぐらいが身につきだした、とわたし感じる。偏差値も徐々に向上し始め、翌春を迎える頃は、希望する公立高校(偏差値48)に、無事合格することができました。

 注意されたことを素直に聞く。どんなに叱られてもくさらない。与えられた課題は手を抜くことなく、真面目にする。別段、特殊なことではないけれど、これを無理なく実行できる生徒というのは、すくないですよ。最初の2,3ヶ月は本人もわたしも、ずいぶん気骨が折れたけれど、その後は本人の性格もあって、大いに「教えやすい生徒」であったと断言できます。

 もうひとり、生徒B(男子)の場合はどうだろうか。中1からの入塾でしたが、当初の偏差値は48。できるわけでもなく、できないこともない、ごく普通の学力の生徒でした。中2では57、8ぐらいの偏差値であったか。しかし、中3の2学期には最高70まで行きました。平均でも67ぐらい、調査書(内申)が今いち振るわず(実技4科目が低い)、学区内のトップ高(68)<注;ネット上の偏差値では72>には行けなかったけれど、それでも準トップ高(65)に進学しました。

 この生徒は3年間で、偏差値20アップしたわけですが、その理由はなんだったのだろうか?
 一般的理由――生徒自身の絶え間ない努力、塾との相性のよさ、使用教材のよさ(ここで宣伝、すみません)――の他に、見過ごしやすいのですが、生徒自身の性格によるところが、ひとつの大切な要因であったと考えてます。
 
 まず何より、性格的に屈折していない、素直そのものです。(わたしなんか、屈折しまくって、ほどいても元に戻りませんが。そんなことはどうでもいい。) これは勉学に措いて、すこぶる大切かと思います。生徒Aもたぶんにその要素を持っていました。勉強していくということは、ただ新しい知識、問題とその解法を習得するだけではなく、同時にその周りにあるもの――覚え方や注意点、テクニック、学習法などを、教わったり、真似したりするものでしょう。

 ふつうの生徒は、それらをなるほどとその場では感心したり納得したりするものの、宿題以外はなかなか実行しないものです。けれども生徒Bは、それらができました。そう、思っています。




トッポ先生の確かな実力を鍛え上げるオリジナル問題集

1.日々の自立学習に使う問題集

 <中学生用> 数学、英語、理科、社会の4科目の問題集があります。国語は中3になってからの受験用問題集になります。

 数学と英語は、中1・中2・中3と各学年、通年用問題集があります。基礎と基本とはなんたるか、樹木の幹にあたる勉強を、もしよければこれでしてください。

 もし塾に通わず自宅で自分で勉強を進めるのなら、教科書や学校の授業に向けた準拠タイプの問題集はされているかと想像しますが、そのままやってください。しかし、その基礎的な勉強だけでは、まずほとんどの場合、演習不足に陥ることがよくあるケースです。こまかなミスをテストでしてしまうとか、前に習ったことをいつの間にか忘れて実力のほうがさっぱりついていないとか、実力テストになると定期のそれより20点もダウンするとか、入試に向けた応用の知識やノウハウを要する問題にとなると途端にできなくなるとか、まあ学習のいろんな浅さが、「あとからわかってくる」ものです。

 では、上記通年用数・英問題集をすれば、それらがすべてクリアされ、完璧な学力が形成されるのかというと、そんなことはありません。たとえどれほど豊富な演習を積んでも、またくり返しの学習を入れても、生徒はミスをしますし、忘れます。問題は、その量です。そしてミスをする、忘れるという現象の継続性です。平常の勉強のなかのどこかで、きちんとこれらを断ち切らねばなりません。習ったことの9割ほどは確実に覚えていたいし、ミスも極力減らす訓練も必要なわけです。こうした勉強が、具体的にできるのが通年用数・英問題集であります。深く身について、たしかな実力を育成していくのが、この問題集の狙いです。

 基礎と基本は十二分にかつしつこいほど押さえて作ってありますが、同時に入試レベルの問題もつねに視野に入れて構成していますので、教科書や学校の内容より一段高い、質のよい考える問題にも出会うでしょう。勉強は基礎と基本もするが、応用も常に少しする、これが大事です。


 理科と社会の問題集
 
 「<新版>理科の入試攻略問題集」の本来の狙いは、中3生が主に入試対策用として、3ヶ月(から半年)くらい集中し取り組んで、最高レベルの実力を獲得できるよう企画・編集したものです。しかし、その利用は中3受験生にとどまらず、3年間の理科の勉強がこの1冊でできるものですから、中1生も中2生もふだんの勉強にまた平常のテスト対策、実力テストにと広範囲に活用してもらっている問題集です。ここが出る、ここが重要という的を絞った問題を、豊富な問題演習のもとしつこくくり返すことによって理解をじわじわ深め、かつ必ず出る問題のポイントとそのレベルをつかみとり、そして暗記してしてしまう。力強いたしかな実力の形成はこの学習にある、と考えています。

 これに対し、3年の内容や受験関係の勉強はさておき、まずは1年と2年の理科の勉強をしっかり行って、かつ学校の理科の成績を高めていきたいと考えている生徒を対象に作ったのが、「実力をつける理科(1年&2年編)」になります。3年になって引き続き理科を問題集を利用して勉強していきたい生徒には、「中学理科/3年&入試対策」問題集を用意しました。<ご利用の割合は、「<新版>理科の入試攻略問題集」が全体の7割強ほどになっています。>

  社会は、1,2年のあいだにもっときちんと勉強時間を確保して、地道に勉強しておきたいものです。理解し、暗記しておくべき知識とポイントは、生徒自身が思っているより、もっと多いです。学校の授業をしっかり聞き、その内容を理解、覚えることはもちろん基本的姿勢ですが、入試の観点でいえば、それだけの学力では甚だまだ不適といえます。的が外れている内容があったり、教えられる知識の幅が狭かったり、深さが足りなかったり、そしてくり返しの学習をまずふつうしませんから、基礎・基本の知識ですら時間が経つとともにいとも簡単に忘れて実力が不足している、これが社会という科目に対する徒の実態でしょう。

 これらに楔を打ち、社会の正攻法の勉強のしかたと高校入試に必要な知識を正しく学ぶこと、またくり返しの学習を通してたしかな暗記を心がけること、このなんでもない基本的な勉強を、「実力をつける地理と歴史問題集」でやってみてください。


 ●中1数・英(通年用)問題集 中2数・英(通年用)問題集 中3数・英(通年用)問題集

 <新版>実力をつける地理&<新版>歴史の要点 実力をつける理科(1・2年) 中学理科/中3&入試対策

 <新版>入試理科の攻略

2.復習に使う問題集

 復習型の英語問題集は、2学期後半または3学期になって、前に習った文法が混じっていると大事なところでついミスが出たり、あるいは定期テストではまずまずで成績がとれているんだけれど、どうも英語の文法が全体となるとよくわかっていないという部分を感じてきたときに、利用を始められるケースがとくに中1の場合、多いです。その問題集は、 中1英語REVIEWまたは中1英語の土台構築110%になるわけですが、これを使用し勉強して、その後英語の勉強が軌道に乗り成績も4から5に上がったとか、また公立トップ高校に進学した生徒も少なくないのが、いままでの実績です。中1数学・再学習とのセットの利用率が高いでしょうか。

 中2生の場合、対象となる問題集は中1同様3タイプありますが、購入される時期に関してはまちまちです。1・2年の範囲の復習というのは中3になってもできるのですが、中3になると数・英どちらも学習する単元が多くなり、かつむつかしくなりますのでけっこう時間がかかります。さらに後半では受験勉強も加わってきますから、復習にじっくりかける時間はそれほどないのです。それゆえ、できる限り中2終わりまでに、また多少ずれても中3初めまでに完了しておくのがベターでしょうか。

 2年間習った内容にまだ不十分なところがある生徒は、地道で豊富な演習を通してもう一度基礎と基本がなんであるかを、しっかりたたき込む勉強が必要でしょう。その勉強には 薄っぺらでありきたりな問題集をやっても期待するほど効果は出ないのが現実でしょうか。やはり、地に足のついたじっくり取り込む勉強が結局、物をいうのです。それにはすくなくとも2,3カ月の期間が必要、と考えています。この問題集は下の3つ。

 なお、2年間の成績もよく、実力もそこそこある生徒で、1,2年の復習をして基礎と基本の知識を再度固めておきたいと考えている生徒には、3の実力テスト対策問題集を活用してもらえばと思っています。復習にかける時間が1か月程度あるのなら、中2数英実力テスト対策を、2週間くらいですばやく完了したいのなら中3数・英実力テスト対策(その第1回)をお勧めします。

 中1英語REVIEW問題集 中1英語の土台構築110%問題集 中1数学・再学習問題集 

 中1数・英REVIEWセット問題集

 中学英語/1・2年の総復習&実力アップ問題集  中学数学/1,2年の復習問題集  中2英語REVIEW問題集

3.実力テストの対策用として使う問題集

 まずは教科書範囲の知識とそれに基づく問題で構成された、中2と中3の学校の実力テストなら、この数・英実力対策問題集を利用され、そして構成内容に沿ってきっちり勉強し、ほぼすべてできるようにしておけば、実力テストですくなくとも80点以上は、そしてふだん成績のよい生徒なら90点以上はとれるでしょうか。

 学校の実力テストは年2回から3回でしょうが、この問題集では学年末のまとめも入れてありますから、年4回の構成になっています。実力テストに向けた必要な知識とそのポイントをしつこく編集してありますので、的も絞れて勉強しやすいことでしょう。4回ともはじめに確認テストを用意してあります。そこでまず自分の実力をチェックし、できるところとできないところを知り、では何をどう覚えねばならないのか、また学習した範囲でミスなく確実にできるようにしておくべきことは何なのかなど、そのあとに続く傾向と対策のプリントで演習してみてください。これほど単純明快、すべき勉強がわかる問題集は他にないと、また塾の実力対策よりもっと効果があるのでは、といささか考えている次第です。

 中2英語実力テスト対策問題集 中2数学の実力をつける問題集 

 中3英語実力テスト対策&入試対策問題集<A>

 新版・中3数学実力テスト対策 中1英語の実力をつける問題集  中学1・2年英語の知識を再点検する問題集

4.先のことを考えて、基礎と基本の実力または入試レベルの応用力の土台を磨いておく問題集

 数学と英語は、学校や塾のなかで得意にしている生徒はすくなからずいるでしょう。しかし、その成績や実力が高校入試の次元となる問題になると、意外と苦戦する生徒も予想以上に多いものです。その壁にぶつかり肌感覚で気づくのは、中3の後半になってからがふつうです。それではもう遅い生徒、あるいはもっと時間がほしい生徒がいます。数学は図形の勉強が必要、英語はふだんの学習から視点を変えた実力養成の勉強が必要です。

 数学は入試に向けた本格的な問題集「入試図形攻略Version4」(下の6)がありますが、その前に、図形を解くノウハウとセンス、能力の土台をまず養成しておくことがなにより重要で、これは中1のあいだに遅くとも中2末までにぜひとも勉強しておきたいものです。「算数の図形教室<B>」になります。

 英語は、学習した基本知識はもちろん、もっと幅広くかつ深く入試レベルの知識を中1、中2、中3とつねに吸収することが望ましく、ふだんの経糸を通す勉強に横糸を通す勉強がほしいのです。それに応える問題集が、「中1・2・3英語の実力強化 by Toppo」になります。

 算数の図形教室<B> 中1・2・3英語の実力強化by Toppo問題集 THE 証明(中2合同・中3相似)

5.先のことを考えて、特に英語のハイレベルの実力を強化しておく問題集

 このAクラス英語問題集は、最上級の知識と問題で構成してあります。1の通年用英語問題集や3の実力テスト対策問題集をしっかりやっておけば、よくできる生徒ならふつう、英語の偏差値68から70くらいまではじゅうぶん到達しますので、なにもこのAクラスをやる必要はありません。英語がとても得意で、通常の勉強では物足りなかったり、中学英語の基礎と基本はほぼ完璧になって、それ以上の歯ごたえのある問題と復習でも応用レベルをしておきたいと考える生徒、あるいは難関私立高の受験を考えていてそのための土台をもっと徹底して吸収しておきたい生徒、などに向いている問題集です。<注>「トッポ先生の入試英語攻略・STUDY」は、Aクラス英語(中2編)とAクラス英語(中3編)を1冊にまとめた問題集となります。

 トッポ先生の入試英語攻略・STUDY 

 Aクラス英語(中2編)問題集 Aクラス英語(中3編) Aクラス英語(難関私立高校編

6.高校受験対策に使う問題集

 <数学>
 まさに入試に向けた数学の、それも応用問題への対応力を培いたい、その攻略方法を是が非でも身につけたいと思っている生徒に作られた問題集です。利用できるのは中3数学をほぼすべて学習し終えた段階からですが、とくに「入試図形問題の攻略Version4」は公立トップ高受験を目指す生徒に,とても利用率の高い、また人気と実績のある問題集です。「<改訂>公立入試数学の攻略」のほうは、図形の問題集が終わってからがいいですし、もし時間の余裕があったとき、入試1か月前くらいにやってもらうのがいいと考えています。

 <英語>
 高校入試の英語、その入試長文を読むにあたって、生徒の英文読解力の意外な低さに驚かされるものがあります。さすがに英語の偏差値が68以上ある生徒は、長文の部分訳を聞いていても安心できるものがありますが、そこまで達していない生徒のそれは、瞬時の文法分析が甘く、かつ訳すにも時間がかかりもたもたするケースが非常に多いです。もっとスムーズに、速く、正確に、日本語訳できなければなりません。入試長文にはよく出るフレーズや言い回し、また必ず出る文法というものがあります。それら読解の基本となる知識すべてわかって、手の内にしっかり入れておいて、本番の長文をスピード感持って読んでいかなければなりません。そのへんの訓練を精選した問題で豊富に積むとともに、自由英作など英作力も強化する問題集が、「<新版>公立入試英語の攻略」問題集となります。


 <理科>
 中1から中3まで各学年のふだんの勉強から入試対策の勉強まですべて、「<新版>入試理科の攻略」問題集のなかに入っています。余計なものはすべて削ってあります。しかし入試に必要な知識とできねばならぬ問題、そして応用レベルの問題はきちんと入っているとお考えください。これ1冊を中3でやれば、相当に偏差値は上がるでしょう。あるいは中1よりくり返しやれば、入試対策の勉強として過去問以外にやることはないではないでしょう。相当な量がありますが、とにかく頑張って吸収してみてください。公立トップ高校を目指す生徒の大半は、この問題集をご使用いただいています。

 <社会>
 中3生専用の社会の問題集として、「<新版>入試社会の攻略」問題集を用意しています。独自の視点と切口構成及び暗記すべきポイントを網羅した問題集です。これまでかなりの塾生の偏差値を10から15アップ(70を超えた生徒もざらにいます)上げてきました。
また、これをご利用された全国の生徒から、勉強したあとの着実な効果と偏差値上昇の多くのご報告をいただいています。入試に打ち克つ高い実力をこの問題集で吸収してみてください。

 <国語>
 ご要望があって作ったのですが、可もなく不可もない、それほど自信のもてない問題集です。しかし、それなりに静かに売れていますが・・・。

 入試図形問題の攻略 Version4 <新版>公立入試英語の攻略 <改訂>公立入試数学の攻略

 <新版>入試理科の攻略 <新版>入試社会の攻略 入試国語の実践演習