E-juku1st.Com
中学数・英問題集
の販売とサポート!詳しくはトップページをご覧ください。
中学生の学習の仕方 中学生の学習の仕方
 「中学生の学習のしかた」
中1数・英問題集
中2数・英問題集
中3数・英問題集
問題集作成の動機と意図
問題作成におけ
るコダワリとポリシー
“高校入試に向けた中学3年間の勉強と実力の鍛え方が身につく問題集” 説明ページへ

  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§30 こんな生徒が伸びる!かな・・・
<学力が伸びる生徒の性格>

 教える側から申せば、実は教えやすい生徒と教えにくい生徒があるんですね。
 普通はどちらでもない真んなかで、割合的に敢えていえば80%ぐらい、そして教えやすい生徒、教えにくい生徒は各10%ぐらいになるのでしょうか。われながら変な表現ですが、これから述べる内容のなかに、何か学習上のヒントになるものがあればさいわいです。

 まず教えにくい生徒の方からいいますと、教えにくい生徒=成績のよくない生徒、という意味ではなく、もちろんこのケースも正直いって多々あるのですが、それよりもむしろ、その生徒の学ぶ姿勢、性格によるところが大きいんですね。

 もうすこし具体的にいいますと、二つのタイプがあります。

 まず一つ目は、比較的成績のいい生徒にもあるのです。俗っぽくいいますと、自惚れタイプです。たとえば、自分は数学ができるとか、英語ができるとか、授業中それが何気に表に出てきて、やさしい事やわかってることなどは気を抜くというか、大事な説明などしている折に、集中力が欠けるときがある生徒です。

「過信すると物事の表面しか見えなくなることがある」ように、これは生きていく上に措いてすべて当て嵌まるかと思いますが、勉強の上に措いても同様です。基本が大切です。わかってることはさらに確認しようとする姿勢が、次の応用力への土台、糧になるわけで、そこまでいかなくても、基本の実力をより強固にすることに繋がります。

 また別の厳しいいい方をすれば、このような生徒は、ほんとうに応用力を必要とする段階、レベルアップした思考力を要する問題になると(中3の入試応用からですね)、簡単に壁にぶつかるというか、力が発揮できないというか、または力そのものが備わっていないことが、しばしば露呈されてしまうんです。

 ですから、そのような生徒の態度、しぐさに触れるとわたしは、本人のためになりませんから即座に矯みます。でもですね、何度注意しても注意した訳を説明しても、どうにも直らない生徒が、たまにいるのです。これは教えにくい、と感じます。

 二つ目は、成績とはまったく関係なく叱られると、すぐ拗ねる生徒です。行き過ぎた体罰や躾はもってのほかですが、最近の子供は家庭のなかで両親や、また学校等であまりきつく叱られた経験がないのでしょうか、また甘やかされし過ぎなのでしょうか、その原因、状況をここで堀リ下げる気はありません。

 ただ、勉強をしていくということは、新しいことを次々に学んでいくんですが、そうすんなり生徒はそれらを頭に入れるわけでありません演習のなかで次々にわからないこと、安易なミスが出てきます。この箇所は注意してこうするんだと教えたあと、即座に間違える生徒も愕くほどいるのが実態で、これはまことに厄介なことであります。

 まして積み重ねの科目は、過去に習ったことを踏まえて次に進むわけで、その過去の内容を吃驚するくらい抜けてますから、それを補強しながらとろとろ進むことになります。

 教えるだけなら、ほんと、どれほど楽だろうか! 生徒が習った大事なものをぼとぼと零しながら進むのを別に気にせず、ただ目先の勉強内容だけを理解し、表面的にわからせるだけなら、大学生の家庭教師でも、新米の先生でもできます。

 問題は教えたことが、また生徒が学んだことが、如何に生徒の身についたか?!で、すなわち実力として備わっているか!で、それは言うは易し、行なうは難しの現実のなか、ある程度経験と観察を積めば、生徒がここで間違う、またわかった顔をしていても実は本当には理解していないなどなど、観えてくるものであります。

「教え過ぎる」というのもどうかと思いますが、いろいろノウハウやポイントを教えていく作業と、そこで起こるさまざまな問題点が出てくるなかで、基本の勉学姿勢が拙いと、あるいはまた生徒自身のなかに気持ちの面での前向きさがないと、学力向上どころか、勉強そのものを人から学ぶことができない可能性が出てきてしまいます。そのひとつに、上で書いた拗ねる生徒のケースがあるわけです。

 もちろんこれも、あるべき勉強姿勢に指導していくのですが、しかしなかには、どうにも直せない生徒もごく稀にですがいるんですね。これは、教えにくい。まあこれはぼやきに属する内容にしても、この種の躾、勉学姿勢は、家庭や学校で、基本的に養っていて欲しいとつよく思いますよ。理想をいってるのではなく、ごく普通の、当たり前のことを申し上げているに過ぎません。

 では次に、正反対の、教えやすい生徒についてはどうでしょうか? 今回のテーマである「こんな生徒が伸びる!かな・・・」<学力が伸びる生徒の性格>に、深く関わることはいうまでもありません。

 すでに書いた、教えにくい生徒の姿勢、性格の逆、と考えればいいのかもしれません。生徒A(女子)と生徒B(男子)の例を、すこしだけご紹介します。
 
 生徒Aは中3になってから入塾してきました。入塾テストの成績はそりゃあヒドイもので、英・数・国の3教科、どれをとってもまともなものはなく、中1、2の基礎が、例によって入っていない。偏差値でいえば、35ぐらいではなかっただろうか・・・。うーん、とわたしは深く深く唸りました。その3年生の学年の生徒たちは鍛え上げたというか、最初の成績からはかなり上がり、一番できのわるい生徒でも偏差値50までは来ており、上は68、平均にして60ぐらいはありました。

 クラス別けするほど大きな塾ではないので、今からそのなかに入ってやっていけるだろうか? この生徒にかかりっきりになると、全体が進まず、全体を優先するとこの生徒Aは一人取り残される。まあ、これは小さな塾ならどこでも抱えてる問題ですが、悩みながらもそのあたりを含め、お母さんと生徒に説明しました。しかし、それでもかまわない、とにかく公立高校になんとしても入りたい、と真剣にまた必死に訴えてきます。

「君にだけかかずらってるわけにはいかん、歯を食い縛ってついて来い、人が30分でできるところを1時間かけてやること。暗記しろ、という問題、テストは、必ず頑張ること!」など、わたしはその女生徒と母親に説明しました。

 最初は戸惑いつつも、簡単な暗記テストで、他の生徒が涼しい顔して90点以上とるところを、70点ぐらいとるのが、やっと。その生徒がじゅうぶん努力してるのはわかりつつも、「なんで、70点なんだ、もっと時間かけて覚えんかっ!」と、厳しいわたしの言葉が飛びました。授業中も当然、みんなより注意されることが多い。叱ったり、突き放したり、無理にみんなのペースに合わせたり。でも、それにもめげず、彼女はついてきます。

 そして、いつ頃からだっただろうか、他の塾生と同じ点数がとれるようになったのは。でも、私はホメめない。ホメめて木に登らすことはできても、山に自力で登らすことはできません。この方針がいいとは決して思っていませんが、とにかく自分の足で歩け、汗水垂らすのは当たり前だ、と考えている。多少同じ問題の暗記テストができたとしても、それが即、実力に繋がらないことは、うんざりするほどわかっている。 

 でもそんな厳しい指導にもかかわらず、生徒Aは誰よりも早く来て、勉強道具を机の上に置きました。静かに、地道に、コツコツ勉強しようとするその姿は、暑い夏が過ぎ、秋になる頃、ようやく報われてきました。教えたことの7割ぐらいが身につきだした、とわたし感じる。偏差値も徐々に向上し始め、翌春を迎える頃は、希望する公立高校(偏差値48)に、無事合格することができました。

 注意されたことを素直に聞く。どんなに叱られてもくさらない。与えられた課題は手を抜くことなく、真面目にする。別段、特殊なことではないけれど、これを無理なく実行できる生徒というのは、すくないですよ。最初の2,3ヶ月は本人もわたしも、ずいぶん気骨が折れたけれど、その後は本人の性格もあって、大いに「教えやすい生徒」であったと断言できます。

 もうひとり、生徒B(男子)の場合はどうだろうか。中1からの入塾でしたが、当初の偏差値は48。できるわけでもなく、できないこともない、ごく普通の学力の生徒でした。中2では57、8ぐらいの偏差値であったか。しかし、中3の2学期には最高70まで行きました。平均でも67ぐらい、調査書(内申)が今いち振るわず(実技4科目が低い)、学区内のトップ高(68)<注;ネット上の偏差値では72>には行けなかったけれど、それでも準トップ高(65)に進学しました。

 この生徒は3年間で、偏差値20アップしたわけですが、その理由はなんだったのだろうか?
 一般的理由――生徒自身の絶え間ない努力、塾との相性のよさ、使用教材のよさ(ここで宣伝、すみません)――の他に、見過ごしやすいのですが、生徒自身の性格によるところが、ひとつの大切な要因であったと考えてます。
 
 まず何より、性格的に屈折していない、素直そのものです。(わたしなんか、屈折しまくって、ほどいても元に戻りませんが。そんなことはどうでもいい。) これは勉学に措いて、すこぶる大切かと思います。生徒Aもたぶんにその要素を持っていました。勉強していくということは、ただ新しい知識、問題とその解法を習得するだけではなく、同時にその周りにあるもの――覚え方や注意点、テクニック、学習法などを、教わったり、真似したりするものでしょう。

 ふつうの生徒は、それらをなるほどとその場では感心したり納得したりするものの、宿題以外はなかなか実行しないものです。けれども生徒Bは、それらができました。そう、思っています。


トッポ先生のちょっと回答、あれこれVersion3(全部で100)
-B.中1から中2に進む際に多く受けるお母様からのご質問メール(2月から4月)
1
数学についてですが、問題を解くスピードが遅いように思います。定期テストでも、2問終わらなかったようです。これは、中1数学・再学習問題集をすることで、解決するのでしょうか? 問題集をするときに、時間を決めてやるなどすれば、いいのでしょうか? 先生の問題集と息子の相性や息子の意見を聞いて、2年からZ会から先生の問題集に変更することも考えています。
<S様>

2 中1英語REVIEW問題集が終われば中2の通年の英語問題集に移るので構わないでしょうか?<N様>

3 本人は、230点(250点満点)を目指しておりまた、希望は学区のトップ校、、それで、こちらの教材にも興味があり、うちの子が進めていくのなら、どのような感じのものがいいのかと、、、という相談です。<K様>

4 息子からトッポ先生の問題集を追加で買って欲しいと頼まれました。私は、中2用の通年英・数問題集を考えていますが、アドバイスがあればお願いいたします。今のところ、2年生用の問題集は全く持っていません。社会と理科についてもアドバイスがあればお願いします。<K様>

5 特に、英語が思っていたより低いのがショックでした。やはり演習不足なんだろうなっと感じました。春休みはそれを考えて、先生の中1英語のメルマガで英文法の復習、国文法の復習、数学の応用問題をさせたいと思っております。<M様>

6 はじめまして、現在私立中高一貫校の4月から中学2年になる息子の母です。実力テストの偏差値を上げたいと考えており、ネットで知りメールしました。現在は5教科で(偏差値68〜70)位です。塾には行ってません。予算的にすべての問題集は購入できませんが、各教科1問題集を考えてます。高校受験も考えてますので、偏差値を+5程上げたいので、おすすめの問題集を教えて下さい。<F様>

7 只今の子供の現状は、塾で英語と数学を受講していますが、実力はついていないと思われます。前回の「中2数学の実力をつける問題集」の最初用のおかげで、塾の実力テストは、偏差値47から60に上がりました(ありがとうございました。)が、本当の実力をつけなければならないと考えています。<H様>

-B.中2から中3に進む際に多く受けるお母様からのご質問メール(2月から4月)
1
トッポ先生の中3問題集が欲しいとのことです。どの教材を購入したらよいかアドバイスをお願いします。

2 先生のご指導、問題集で徐々に上がることを期待しまして、3年生の問題集選択、学習環境等のアドバイスがありましたら お願いいたします。<M様> 中2の3学期(2月)

3 中学2年生の子どもは、通年の数学を喜んで勉強しています。数学についてです。2学期の中盤から図形の学習が始まりました。証明に入る前に、躓きがあります。持っている知識を、問題を解くときに、全く活用できていません。図形の問題の解き方の基礎が全く入っていないようです。3年生になる前に、図形の基礎を勉強させたいと思います。トッポ先生のお薦めの教材を、是非教えて下さい。<K様>

4 成績不振の息子がいよいよ今年は3年生を迎えるに当たり、トッポ先生の教材で勉強を進めたいと思いメールをしました。塾には今まで集団授業からスパルタ式、個別指導まで4度も変えるありさまですが成績アップにつながらず今まできてしまいました。現在は英語の個別を週1回にしながら自宅学習で私や父親が見ている状態です。

5 こんにちは、問題集頑張っています!中三になりました。春休みから予習、復習、受験用勉強と、アップアップしながらも毎日過ごして居ります。公立中、生徒数140人程度、県のトップ校には10人は受からない程度の学校です。実力テストとなると10位以内、5教科220点(250点満点)位まで、点数がストーンと落ちます。定期テストや内申だけが良くても、ここに来て危機感を覚えています。今から県内の順位とか、出てくるでしょうが、知るのが怖いです・・<M様>

6 公立入試英語の攻略、Aクラス英語(中3編)、中3英語実力テスト&入試対策問題集の中でしたら今の息子にはどれが一番適しているのでしょうか。<T様>

7 いつもお世話になっています。今回、4月から中3になる娘の数学と英語の問題集を購入予定です。 どれを選ぶか、迷っています。<T様>

8 先生の教材の英語、数学とも通年用の分ですが、いつぐらいまでにすべて終わらせて入試対策用の問題集はいつぐらいから本格的にやり始めるのがよいのでしょうか。まあ早ければ早いほうがよいとは思うのですが。あと、過去問というのはどの程度役にたつものなのでしょうか。<S様>

9 数学、及び、理社に関して、娘にはどの教材が適切だと思われますか? 数学は、少し苦手意識がある科目です。図形・関数中心に忘れていることが多いので、「中学1.2年の復習」がベストでしょうか? 理科と社会に関しては、1・2年の再学習ではなく、入試理科(社会)の攻略でよろしいでしょうか? 国語も困った成績ですが、まずはこの3科目も英語と並行して実践させたいと思っています。<I様>