E-juku1st.Comの中学数・英問題集 中学生の学習のしかた  
        中学生の学習のしかた E-juku1st.Comの中学数・英問題集

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 中学生の学習のしか お問い合わせ ご注文

 HOME <新版>公立入試英語の攻略  入試図形問題の攻略Version4 <新版>入試理科の攻略


  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§144 公立トップ校を目指すについてVOL.2
<中3の最初から>

 前回のVOL.1では、公立トップ校を目指すにおいて、実力的に3科目は最低「できる科目」が要る、と書きました。そして他の科目も中途半端な58や60未満の偏差値ではなく、できるとまではいかなくてもせめて63や65なら、まあ大丈夫である、と。

 では、この実力の段階にいつまでに到達すればいいのか、についてですが、中3の最初ではありませんね。もちろんそれに越したことはありませんが、これから頑張っていけばいいのです。そして何としても伸ばしてゆくことに、気持ちと努力を傾け続けることです。

 中1の実力通りに中3もいけるとは限らないし、中2の実力が中3にもそのまま推移するとも限りません。外的要因としては、問題の質とレベルが中3では変わるし、またそれに何よりも、当たり前のことなのだけれども、中2は、中1全体とその時点までの習った範囲であり、中3は、中1と中2の全体とまたその時点までの習った範囲すべてになるのであり、つまり、内的要因として、習って
押さえるべき範囲と量が徐々に増えていくわけで、それに見合う力と実力が、必ずしも生徒本人に正比例して備わっていくものだとは、単純にはいえない面があります。

 むしろそういうケースが、公立に通っている中学生のなかでは多々見受けられる。それがむしろ一般的かもしれません。これは何度も指摘していますが、一つに習ったことをいとも簡単に忘れるからであり、暗記する力とそれを支える学習の深さ、関連する知識の幅とその基盤が弱いからです。このことはほんとに数知れぬ体験と事例でいままで観てきたわけですが、どうぞそのあたり、しっかり注意してみてください。

 この意味でも、少し余談になりますが、世間には結構先行学習というか、学年を超えて先々のどんどん勉強を推し進めていく生徒や親がいますね、ほんとうに能力があれば別ですが、どうも少し違うんじゃないかと思うんですね。また、小首を傾げます、足元が大丈夫か?と、実力をしっかり視ているんだろうか?!と。そのチェックと分析が、実は非常に甘いのが、またほんとうにはわかっておらず見過ごしているのが、想像以上に多いように思えます。

 理解して先先へと習い進めることも、ある段階までは容易です。しかし、ある段階を過ぎるとそうはいかなくなる。その段階と時期は個々人によってまちまちでしょうが、それはちょうどひょろひょろと伸びる草木に似て、いや、まったく同じで、上にばかり伸びてもしっかり根を張っていないと、いずれは倒れるか朽ちる。伸びる時期もあれば、次なる成長をするために養分を蓄えて横に幅を拡げなければならない時期もあるわけでしょう。

 次々と急いて先に目を向けるより、いま目の前にある学習をもう少し自分の力できっちり掘り下げて完全に身につける習慣とその作業を、そしてその周りにある問題、応用問題の肉付けを図ることこそが大事であると、また、振り返って時折、習った基本とその知識の運用が確実にものになっているかを確認し、自分の力の具合を知り、そのチェックと反省を行うことが、実力を養う道であり、横に幅を拡げて進む方法だと思います。

 話しを戻します。実力の完成の時期はいつかといえば、その時期の目途をいつにおくかといえば、ずばり中3の2学期、それも11月ぐらいが一応の目途ですね。そこまでに、なんとしても5科目の個々の実力とその総合力を整えておかねばなりません。あくまでこの基準は、わたしの長年の経験と観察から導きだした個人的な結論で、このことが絶対に正しいとは認識されないで下さい。

 いろいろなケースがあるわけですから。しかし、できる生徒もできない生徒も、またほんと普通過ぎる力の生徒も、その学力の結果と伸長は、この時期になればいやというぐらいわかってしまいます。わかりたくないんですが、わかってしまいます。なぜわかりたくないかといえば、何事も結論がわかってしまえば面白くなくなるのと、その感慨は大差はありません。これはかなり誤解を招く表現かと意いますが、忌憚なくいえばそうなります。

 もちろんそれまでに、相当のエネルギーとノウハウをつぎ込み教え込んでの結果、集大成であり、さらに詳しくいえば、たとえばその生徒が中1からの入塾なら2年半あまりの長い歳月を踏んでのほぼ最終的な結論であるわけです。決して簡単には申しあげていません。そしてそれ以後、入試までの日々、とことんあがいて1点でも2点でも点を稼げるように、入試への学力を補強していくことに、腐心することは当然です。

 しかし、一般的にみても95%以上の力は、この11月頃の時期にはほぼ決まってしまいます。残りの日々、入試までの追い込みの時期は、世間で言われているような、今後努力次第で頑張ればさらに成績が上がるという言い回しは、確かに必要としても反面奇麗事で、その実質の力は、最後の磨きをかけるに過ぎず(とても大事なことですが)、全体の学力の5%にも満たない部分を指しているのです。

 なにか最後の時期(3ヶ月間ぐらいかな)に大きなものがあるように思われがちですが、そして受験対策だ、過去問だと、その勉強に心砕いて取り組んでいるのが常ですが、じっと生徒の力に目を凝らして視れば、その実力の中身の正体の95%は、この中3の11月頃の時期までに形作られている、と判断してほぼ間違いはないかと思うのです。

 よって、それまでに、どのくらい力をつけるか、またつけられるかが勝負であり、視野にしっかり入れて学習に臨むべきだと考えます。5%を制する(?)前に、95%の力の所在をもっと凝視してください。そして考えてください。理科と社会は秋以降の追い込みで、まずは数・英に力を入れて学習だ? ばかな、すでにそのときには、実力の勝負のおおよそは済んでいるよ。

 今回は公立トップ校を目指すにおいての、基本的な太い道の話しで、細かい点、対策については避けますが、VOL.1でも書きましたように公立入試の場合は、5科目の総合力が何よりも問われるのです。数学・英語はもちろんだけど、理科と社会の、その知識と実力は大丈夫か?! 中3にもなればどうしようも手の打ちようがない(?)、とまでいえば言い過ぎですが、国語の読解力と表現力は大丈夫か、ある程度は備わっているか?!

 もう一度書きます。受験対策の勉強時期とその対策のなかで、本人なりの持てる力に対し、その30%もの力をさらに伸ばし、獲得することができるか?!  こんな蒙昧で生徒の現実に目を背けた命題は採りあわないとして、95%の力の所在のなかの30%なら、何とかすれば11月までには形をつけることができるかも知れない。

 現実は勉強していても結果に措いて、10%ですらなんともしないのが8割以上の生徒に当て嵌まりますから、この数字は大きいのです。頑張ることです。

 ここで持論のひとつを書きます。普通の学力テストの場合、偏差値の65までなら到達は容易(?)です。なぜなら、習ったことの基本のほぼすべてを覚えていれば、65の数値は出るからです。思考力を要する、ちょっと応用レベルの問題への対応力がなくとも。つまり、65までは大したことはない(実際は生徒の立場に立つと、しんどいもので、なかなか難しいことですが)。ほんとうに
能力の切磋と切れが要求されるのは、その上の65から68(〜70)の段階です。これは大したものです。

 いまもしその力が65以下なら、それは単に基本が抜けているからです。復習してその穴を、まず埋めることから、受験勉強は始まります。これは言葉で書くほど楽ではありませんね、しかし、それほど難しいことでもない。

 さて、何を? まず中3の最初から意識して動き、肚を括って取り組んでいくべきものは、中1と中2の2年間の、社会と理科の総復習からです。夏休みの終わりまでには、まず第1回目の知識の点検と弱い部分の理解と暗記が、実力補強のまたアップの中心命題となります。

 公立トップ校を目指す生徒に措いては、この2教科の、2年間の内容と知識はそれほどぼこぼこ穴が空いてガタガタではないにしても、わたしから観れば、なんなんだ、その頼んない力は!という生徒の多いのには、いつもながら愕きます。

 まずは、そこそこ容をなすように、秋以降の2回目の学習でさらに実りをつける布石になるように、そして偏差値の65ぐらいはせめて到達するように、すぐにも取り組んで行かれる事をお勧めします。

 さらに他については、といえばやはりそれは、数学と英語。しかし、理科や社会にかける時間とエネルギーに較べれば、むしろこの時期はまだ少なくてすむといえる。なぜなら、そこそこ力がついているんなら、全体ではなく弱い部分をカバーする学習を重点的にすればいいからです。数学は関数と図形ですね。英語は文法です。的は決まっていますよ。

 では、頑張って下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ここからはすみません、宣伝です。話しの内容と流れから、つい明記してしまうこと
になりました。詳しくは下記のページから。<中3生対象>

 社会の学習:「<新版>入試社会の攻略<B>

 理科の学習:「<新版>入試理科の攻略

 数学の学習:「入試図形問題の攻略Version4」で!
       高校入試へ向けた図形解法の実力養成をバックアップ。

 英語の学習:「中3英語実力&入試対策問題集<A>」