E-juku1st.Comの中学数・英問題集      中学生の学習のしかた
        中学生の学習のしかた E-juku1st.Comの中学数・英問題集

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 中学生の学習のしか お問い合わせ ご注文

 HOME 中1数・英(通年用)問題集 中2数・英(通年用)問題集 中3数英(通年用」)問題集


  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§261 答案の書き方について<改訂>
<外側に見える部分>

 わたしは字がへたである。これはもう直らないとあきらめている。ほんとうはペン習字などをやってもう少し見栄えのする、また人にもいい印象をもってもらえるよう(これは俗に、賢そうにみえるという単純な意味で)ちょっと足掻いてみればいいんだが、その気がない。まったく起こらない。努力する気がてんで湧いてこない。いまさら賢くも、賢そうにもなれないと、半分以上ひらき直っている。タチが悪いね。

 だから、パソコンでこうやって字が書けるのは、情けなくもとてもありがたいことである。しかし肯定ばかりはしておれない。やはり一方にはひけ目を感じている。

 たとえば夏目漱石は二千通以上の手紙を残したそうだし、わずか27歳で夭折した石川啄木も五百通もの手紙が現存しているというし、いまではすこしマニアックになってしまうのだろうか、正岡子規の弟子で『アララギ』の中心人物、そして小説『土』を書いた長塚節、の手紙を読んだら、うーんと唸ってしまうほど美しく格調がたかいし、まったく明治の人は、なんて凄まじい量と質の手紙を書いたんだろうかと、ただただ畏れ入るばかりなのである。

 現在の人間の視力は太古の時代から較べて大幅に落ちている。こうしてパソコンで字を打ったり、携帯電話で短文ばかり書いているようでは、今後ますます、まともな文章が書ける人は減っていくであろう。エントロピーの法則ではないが、進歩すれば必ずその反面の負の現象、遺産も増えていくのであろう。

 なにやら頭のほうがカタイほうにいっちゃって、このままでは今回のテーマ「答案の書き方」になかなか結びついていかないので、ここで戻します。

 まあいいたい趣旨は、字がへたでもね、それなりにしっかりていねいに書けよ、ということなんですが。

 テストの答案を見ると、とんでもなくひどい字を書いている生徒がいますね。まったくなげやりで、いやいや答案を埋めているのかと疑いたくなる書き方、その気分が字にもろに現れていて乱暴に書きなぐった字や数式に出遭うと、採点するこちらの気分もなにやら暗くいやなものになって、修正や助言をていねいに書きこむ気など起こらなくなることもある。これは採点者の心象がとてもわるくなるから、絶対にやめたほうがいい。

 また数学などで、途中の式をまったく書かなかったり、書き間違えたところを消しゴムを使わずそのまま上から塗りつぶしてたり、消し方が不十分なためあらたな字と交じり合って読むのに紛らわしくなったりと、こういうのもときに減点の対象となる場合が出てくるので、よくないね。

 英語もあります。たとえばブロック体のhとn、rとvなど、乱暴にあらく書けばどうしても似てしまうのだけど(また現実、似て書いている生徒が多い)、基本どおりていねいに書かなきゃ区別が難しいものには、とくに注意して書かないといけないでしょう。というか、習ったはじめにきちんと書く癖がついておれば、あるいはつけておれば、注意なんか必要ないことです。

 さらに、小さすぎる字、うす過ぎる字もよくはありません。それは、採点する側が非常に読みづらいからですね。これも含め上記の事例に措いて、答案は他人が見るものであるという、この物理的に単純な事実、そして他人に自分の書いたものをできるかぎり正しく読んでもらうという意識、これらは少なくとも中学生ならば、もうじゅぶうんわかっていて持っていなければならないでしょう。

 ところが、わかっていない生徒がいる。意外と多くいる。小学校のあいだに適切に指導されてこなかったのか、さらにひどければ中学生になっても学校や塾で注意、指導され、直してこなかったのか、最終の高校入試の段階になってもなお、高校側の先生の答案の書き方の注意事項のなかでまだ指摘されているんだから、いい加減甘えた独りよがりな答案の書き方だけは、気づいたらすぐにもやめたら、と助言したい。

 これは字が上手い、下手とはまったく関係ない。テストではそれがいかなるテストであろうと採点者に読みやすくていねいな字を、心こめて書けばいいだけのことである。公立・私立を問わず高校受験では、同じくらいの得点力を持った受験生が、同じくらいのレベルの高校を受験するのだから、1点でも2点でも多く、または点数を減らさないように答案を書くことが大切なのはいうまでもないことです。

 こういう基本的なことは、基本的であるがゆえなおの事、急にあらためることは難しいのである。それゆえ、もしこれに該当する生徒は、ふだんの勉強のなかで絶えず注意して直していくべきであろうし、平常は多少字が乱雑になるのはしかたがないとしても、せめて定期テストのレベルでは意識して「よそゆきの字」を書く感覚を意識して身につけることが望まれるだろう。