HOME     
E-juku1st.Comの中学数・英問題集
INFORMATION by Toppo
いま伝えておきたい情報(小6生から中3生対象)
 E-juku1st.の中学数・英問題集


 中1生・中2生 
 図形力をいま、生徒がどの程度持っているのか、それを確認しておくことが大事。高校入試に向けた学力のなかで、一番重要だといっても過言ではありません。まず標準的な図形力がどのくらいあるのか、偏差値的にあえていうならば、60から65程度のものですが、その力をチェックする問題を5問用意しました。5問中少なくともまず3問できなくては、満足な図形力が現状あるとはあまり思えませんので、1,2年のあいだにしっかり勉強して補強しておくことをお勧めします。
 算数の図形教室<B> sample-問題解説と評価←クリック
 問題は2枚に別けて用意しました。レベルAは3問で、制限時間を15分とします。レベルBは2問で、制限時間を25分とします。
 <レベルA> 問題1 解答1  <レベルB> 問題2 解答2

 中3生
 夏休み明けの実力テストが終わりました。しかし、中3生にとって中学のなかで最も重要な実力テストが、11月にやって来ます。この9月、10月は定期テストも含めほんとに忙しく、あっという間に過ぎ去っていく期間でもあることを、生徒はよく自覚しておかなければなりません。そのなかでの実力対策の勉強に、この問題集がお役に立てますこと願っています。
  ====================================================
  あるお母様からのご要望があって、
「11月のはじめに実力テストがあります。夏休み明けのテストの結果は371点(平均点は275点)で、なんとか今度は400点を越したいと願っています。塾にも通っていますが実力対策の勉強は1週間ほどあるものの内容はさらっとしたもので、じゅうぶんな演習も説明も足りないような気がします。本人はもっと時間もかけて本格的に勉強をしたいと申しております。そこで無理を承知で、先生、そのような問題集を特別に企画してもらえないでしょうか? どうかお願い致します」 
 ====================================================
 <新版>中3実力テスト対策(11月用)問題集←クリック


 小6生
 基本は11月頃から冬休みにかけてやってもらえる問題構成になっていますが、逆にいうと、たとえ小6の学習がすべて済んでも、小学生の間に身につけておくべき知識と学力というものを持たない生徒の割合はとても高いものがありますので、この時期になると、いつからやっても構わないといえます。算数と国語の力をみる材料にしてみてください。 問題の解説ページ
 算数問題(1枚目)  算数問題(2枚目)  算数解答(1枚目)  算数解答(2枚目)  国語(問題編)  国語(解答編)