中学英語・中学数学のオリジナル問題集(社会&理科も好評)の販売とサポート!
中学生の学習の仕方 中学生の学習の仕方
 「中学生の学習のしかた」
中学生の学習
のしかた
中1数・英問題集
中2数・英問題集
中3数・英問題集
トップページへ
戻る

  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§255 理科と社会の問題集について<改訂>
<ある質問に答えて>

 あるお母様から、次のようなご質問を受けました。
 これは過去にも幾度となくいただいた質問で、とりわけはじめてご注文をいただくケース、そして新中1生になられるご父母の方に多いご質問でもあるのですが。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「理科と社会についてまたまた質問です。先生の問題集はかなりレベルが高い
ように思います。
 娘は学校では80〜90点ぐらいはとってますが、すぐに忘れています・・・。
悲しいぐらいにすぐに(^_^;)。興味がない、その一言につきます。だから先生
の問題集をする前に、またはまずは定期テスト対策用に、何かお薦めの問題集
はありますか? HPには社会の問題集で(学研の定期テスト対策と満点BON)
の2点を勧めておられましたが、理科のお薦めはないでしょうか? やはり先
生の問題集でしょうか?」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 すでに一度何かしらの問題集をご注文をいただいて実際にご利用された場合、その良さも悪さも知悉され、次にはある程度類推されて新たな問題集をご依頼いただくケースがかなり多いのですが(すみません、宣伝臭くなりまして)、はじめての場合、値段が値段だけに(これもほんとうにすみません)慎重にご思案されることは、当然の上にも当然かと思います。

 ただ大手のようにテレビやその他の媒体で、ばかばか宣伝できる規模もゆとりもなく、そしてまた押し売りまがいの途方もない金額で一括購入をセールス教材でもありません。ドモホルンリンクルのように(?)お試しのサンプルを提供できるものでもなく、一部の塾のように無料体験ができるものでもありません。ただほんのすこしあるのは、受動的な形のHPでの学習情報と問題集の説明のみであります。あとはちょっとご信用いただけて、えいやーの掛け声とともに崖から飛び降りるお気持(?)でご購入いただけるかどうか、です。

 くだらぬ余計なことを書きました。もちろんこのお母様のご趣意はここにはなく、わたしの問題集はレベルが高く、その前にやっておくべきor推薦する問題集があるかどうかのご質問です。

 まず、問題集のレベルが高いのか?!について。

 これはときに誤解されていることがあるのですが、決して高いことはありません。簡単にいえば、いまの中学の学習内容、それに合わせた問題集などに高いレベルのものは、私立超難関高校(偏差値70を超える)への受験向けのものを除いてまずないでしょう。というのが、わたしの見方です。

 レベルを高くするには、二つの方法があります。
 一つは、問題そのもののレベルを上げること(当たり前ですね)。いわゆる応用ですが、これは基本的にいまの公立中学の1年や2年の教科書内容や授業にはありません。よって、上げようがない。あるとすればそれは中3の内容であり、2年の内容と融合して難しくすることはできます。それが数・英の入試問題です。

 もう一つは、習う量を増やすか習うスピードを上げるかです。習う量を増やすことがなぜレベルを上げることになるか。それはかつての詰め込み教育といわれた時代の学習内容からすれば、いまはその6割(3割減以前から徐々に減らされている)なんですから、レベルがあきらかに下がったことを確認、あるいは実感していればわかることです。<注:新指導で復活、戻す方向ですね> 
 あともう1点、習うスピードを上げるですが、これも中学3ヵ年分の内容を2年で終える私立中学の授業のスピードと展開をすこし想像してもらえばわかるかと思います。

 つまり、基準をどこに据えてとらえるかによってレベルの判断は異なってきます。現在の公立中学の減りに減った、昔なら2年で済む学習内容を3年かけて進む、そのあまりにもゆったりした学習量とスピードに基準を置くなら、わたしの問題集はレベルは高いといえるし、おそらくご父母の方々が公立中学(?)で習ったときの、その学習量とスピードに基準を置くなら、わたしの問題集は
ごくふつうの当然のレベルといえるでしょう。ただし、学校の授業レベルや市販の問題集の内容に迎合しているようでは、おそろしい生徒の忘却力に負けてしまいますから、そしてある日突然、生徒の受験での知識レベルが上がるわけでは決してありませんから、高校入試へのたしかな実力を中1より徐々に徐々につけていけるよう、いろいろと工夫して作ってあるわけです。

 ちょっと脱線。
 わたしの通った公立中学は1学年13クラス、1クラスもそのころは50人あまりにもなり、学年全体では670人前後の生徒がいました。いまではとても考えられない超マンモス公立中学でした。なにしろ校庭は、上段・中段・下段と呼ばれていて、上段だけでもいまの中学の規模くらい、中段はテニスコートやクラブの施設、講堂などがあり、そして下段は甲子園球場といえば大袈裟だけどまあとてつもなく大きかった。そんなもんで校区は広く、我が家はその校区のまさに端も端に位置し、それゆえ毎日3キロあまりの道を通学することになりました。

 その道の半ばほどからなだらかな坂が続き、登りきると貯水池が3つと閑静な大邸宅や領事館が立ち並び、貯水池のまわりにはみごとな桜並木が続いて春にもなると桜吹雪が、夏には蝉時雨が降りそそぐ、そんな季節の変化をいっぱい感じさせてくれるやさしい道でありました。

 こんな感傷はどうでもいいとして、中学生にとってこの3キロ強の道のりはちょっと長い。長いけど慣れてしまえば平気でなんともなくなる。まあでも、都会は別として今でも日本の山村では険しい山道を、もっと長い距離を歩いて通学している子供たちはいるだろうし、ケニアやエチオピアなど高原を片道10キロ以上走って通学している子供たちのいることを想えば、とてもえらそうなことはいえず、たいしたことではないんですね。

 しかしいま、この3キロあまりの道のりを昔の公立中学生の普通の勉強と仮定すると、これはレベル云々ではなく、まあ規則的な勉強とその量的な問題だといえるのではないかと思うんですね。それをこなせるものはできる、こなせないものはそれなりの力しかならない。これがわたしの問題集のレベルであり、またそういうふうに捉えていただけるととても有難いのです。

 さて、もう少し焦点を合わしていかねばなりません。理科と社会の問題集に関してです。
「理科と社会。小学校で80〜90点ぐらいはとっている。しかし、すぐに忘れていまう。そして興味がない。」

 いまの公立中学生に非常に多いケース。これはまず、どんなに説明を詳しくまた論理をつくしても、生徒の耳とこころに届かなければなんの解決にもまたその緒にもつかないわけで、それだけにとても悩ましい問題です。ただそれでも、国語とは本質的に違い理科と社会は形から入って勉強ができるわけですが、つまり定期テスト対策用の問題集や教科書準拠の問題集を使ってある程度努力すれば、目先の定期テストでいい点数が取れることは可能だし、またそのような生徒も多い。しかしその内実、実力と結びついた勉強をしているかというと、甚だしく疑問であります。この疑問が杞憂ですむケースを捜すほうが、むしろむつかしいともいえるでしょう。

「すぐに忘れる」。そうであるなら、また覚えなおせばよい。とともに、忘れないような学習とはどういうものかを考え、錯誤しつつ実行し、そしてつたないところを見つけてはそれを埋め、あらたなことを足す、といった小さな努力をしていくことであろう。このシンプルなことができるかどうかが、いや、していくことが、中学での勉強の課題であり本道である。いままでのやり方からどう脱却するか・・・。

 それにはまず、時間をかけねばならない。かかることを厭ってはならない。数学や英語の学習のあと回しであまった時間でやればよいとか、気がむいた日に適当にやるとか、まとめてテスト前だけに集中してやるといった姿勢や気持からは、決してほんとうの実力は育たないでしょう。9教科あるなかで主要5科目と実技4科目の意識は当然違うとしても、主要5科目については同等の気持とやる意欲で臨むべきであろう。実際にかかる時間は、たしかに数・英に多いところが出てくるにしても、理科と社会にも同様の熱意と学習の習慣が必要である。

「興味がない」。これは、「すぐに忘れる」以上にやっかいな問題である。興味がないならしなければよい。世のなかには、興味があることがいっぱいある反面、興味がないこともそれ以上に山のようにいっぱいある。しかし仕事ならどうだろうか? 興味ある仕事についている人はさいわいだけど、興味のない仕事や職場についている人は、その数倍、いや数十倍多いのではないか。大事なことは、その放り出された恵まれない環境でとにもかくにも自分を生かそうと努めること、必死に活動することであろう(ちょっと格好良すぎる文句で、わたしにはまったく不似合いですが。あいすみません)。

 勉強も同じこと。ただ仕事と違うのは、仕事はどれほど心を込めて精一杯努力しても、ときに報われないことがあるのにたいし、勉強は必ずやっただけの報われるべき成果が出るのだから、これほど楽で(?)うらやましいことはほんとうはないのである。そこに中学レベルのまだ基礎の学習で、興味がある、ないという感情や感覚を持ち込むこと自体おこがましいこと、また早計な驕りで、学生の本分を知るべし、と思うのである。

 で、つまるところ、「わたしの問題集をする前に、またはまずは定期テスト対策用に、社会と理科で何かお薦めの問題集はありますか?」になりますが、このご返答へのほぼ急所となることはすでに上記で述べてきたつもりで、またそれ以上にもっと大切なこと、勉強の基本として持っていたいものを膨らませて述べてきました。

 HP上で社会と理科の各問題集の狙いや使い方はご説明しておりますので、重複することは今回避けるとして、ふだんの勉強でノートまとめがとれる生徒(これが理想ですね。また取れている優秀な生徒もかなりいますが)なら、市販の問題集はいっさい利用しなくとも直接に勉強できるであろうし、また定期テスト対策用にも活用できるように作ってありますので、そのようにご理解いただけると有難く思う次第です。

 最後に1点、補足。
 市販の問題集を選ぶ場合は、「自分でみて選ぶべし」でしょうか。

 これは以前にもどこかで書いていますが、中学生なら自分ひとりで書店に行き、捜し、逡巡し、そして判断して買うべきでしょう。自分で選んだという行為から生まれる責任と自覚は、人から買い与えられたものより大事にし、やらねばならないという意欲に結びつくことも、より多くあるでしょうから。