E-juku1st.Comの中学数・英問題集 中学生の学習のしかた  
        中学生の学習のしかた E-juku1st.Comの中学数・英問題集

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 中学生の学習のしか お問い合わせ ご注文


  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§78 中2の英語― 平均的な生徒の勉強の姿 new
<do one's homework> 

 今回は公立中学の2年生の平均的な生徒、それがあまりに平均なる姿ゆえ、とてもしんどく感じる現実についてつらつら述べてみたい。英語の場面で。

 She will finish her homework by tomorrow. <問題文の中の1例>
 
 解答合わせ、現在形から未来形への転換問題であった。これはできている。助動詞のあとは原形、という文法ルール。ふと気になったので、答えをいった生徒に訊いてみた。

「いまの文、訳してみろ?――」
 と、わたし。
 その生徒、ちょっとまごまごしてから、
「彼女は明日宿題を終えるでしょう」
「ちゃうだろう、明日なら、tomorrow だけで、by はいらない。by tomorrow になっているのだから、by を押さえて訳さなあかんだろう?」
「・・・」

 沈黙の30秒が過ぎる。わたしはこんな場合、沈黙には沈黙で答える。あたらしい文法や語彙ならすぐにヒント、アドバイスはする。しかし、これはこれまで意識的に何度も出題してきた前置詞なんだから,、がっくり・・・。そもそも質問は、教えたなかでしか基本的にしない。考えている光景は、考えているのではなく、ただ忘れてしまっていることを意味するにすぎない。忘れたことは考えても、うーん、出て来ないのである。偏差値50前後あたりの生徒の場合、90%以上は、なぜか。

 英語なんて、覚えているか覚えていないか瞬間に出るものが大袈裟だけどひとつの知識で、勝負でしょう。忘れたことなんか、いくら考えても浮かんではこない。この表現、かなり危ういけれど、成績が平均的な場合の、学力の一面です。沈黙しないで、早く教えてあげれば、という声が聞こえそうだけど、それは現場にいない高見の考えであります。すぐに答えを言えばすぐにまた忘れることを、ご存じない。たとえばそれまで8回出てきたとして、9回目のby の訳が忘れたとしたら、またその事実は10回目に繋がるのである。それをなんとしても避けたいのだ。

 ああ、ほんとに、生徒はミスを素通りします。これは英語だけに留まらないけれど、つくづく不思議でならない。ミスを直す、誤りを指摘する、それを修正したかと思うと、生徒の鉛筆はすぐに次の問題に移るのだ。その間の思考がない、欠けている。自分でなんら学んでいない、誤りからね。

 そもそも最初から、習った事はまず正しく覚えればいい。それも暗記ですむようなレベルの問題なら、なおさらだ。しかし自然に頭に入ることはほぼないので、復習は最低必要。テストに出て、忘れてしまったためできなかったとする。そしたら、覚え直せばいい。これは一度の間違い、ないし忘れですね。数ヵ月後、またしても同じ問題なのにできなかったとする。二度目だ、もうこれは大変と、今度はしっかり深く何がなんでも暗記すればいい。そこまでだと、思うんですけどね。

 ところが、現実の生徒は、テストに関係なく覚えねばならないことをいとも簡単に、それが自然であるかのように忘れ、また繰り返し繰り返し同じミスをします。「3・単・現のs 」はその代表である。英語は必ず主語から入れ、主語の確認をして、時制と文の形は間違うな、これが最低条件だと教え、その誤りを何十回、何百回(中3までなら)訂正しても、なかに間違う生徒が、数%はまだいるのです。
 
 ここで、ミスとはいわないけれど、もう勘弁してくれ、ちゃんと読んでよ、という2つの簡単な単語の読みを出してみます。10秒もかかりませんから、単語を書いて、生徒、お子さんによければ読ませてみてください。

 walk(ウォーク) とwork(ワーク) 、take(テイク) とtalk(トーク) の発音の区別です。

 2語並べてではなく、1語ずつ単語を書いて読ませてみてください。瞬時に読めねばなりません。もたもたしたり、間違って読んでる生徒は、上で書いた勉強の症状、繰り返しのミスと忘れをやっていると思って、ほぼ間違いありません。

 何だ、そんなこと、簡単じゃない、また正しく読んで、なんでいったいこんな簡単な問題出すのよ、変だよ、変ね、と不思議な顔をする生徒は、ちゃんと英語を勉強していると判断できます。これを更に大丈夫か確認するために2つ、下に問題を用意しました。日本語訳させてみて下さい。

・Mary left Japan yesterday. (メアリーは昨日、日本を去った)
・Tom will leave for Kyoto tomorrow. ( トムは明日京都に出発する予定です)

 これも同時に出さず、1文ずつです。leave 〜(〜を出発する・去る)とleave for 〜(〜へ(向けて)出発する)の区別です。これもすんなり訳せば、英語の今の勉強はまず大丈夫、あまり心配ないと判断できます。

 さて、話を戻します。
 She will finish her homework by tomorrow. で、ちょっと気になり確認したかったのは、by tomorrow の訳ではなく、finish her homework の部分についてなのです。こちらがくり返しの説明と確認したかった知識、しかし、そこまで行くまでに予期しえぬ、もっと次元の低い問題が勃発し、それに時間が喰われた形です。このような例は、しょっちゅう起こります。

 まあ、なんとかby tomorrow の訳と生徒の記憶に焼き付ける作業はなんとか片づけました。

「この文で注意することは何だっ?」
 と、生徒全員に訊きました。

 ある生徒は、考えているだけで答えない。ある生徒は「will のあとは原形動詞です」と答える。それはそうなんだよな、でもそんなことは当たり前、今やっている文法なんだから。目の付け所がどうもちぐはぐ、文法以外に英文を絶えずみて、自分の頭で確認チェックをしなければ。それがね、あまりにも希薄なんです。もう堪らなく不足しているんです。
 
 この短い文章で質問されて、どこをいったい注意して見ればいいんだか、生徒はそれがわからない。つまり、平常何も考えていないことが、よくわかる。これが大袈裟な言い方としたら、みる視野があまりにも狭く、考える焦点が合っていない、といいたい。教えるって行為は辛抱することに尽きるし、またそれの果てしない連続だが、辛抱しても結果が出て来ないときは、へこむね。

 失望半分、苛立ち半分拮抗して、無理やり声を大にし、
「finish her homework のher だろう!!」と、説明する。

「宿題を終える、で彼女の訳があるか? 英作することを考えれば、いつも問題点は自分で見つけられる! 自分が書けない、間違ってしまう箇所がわかるはずだ(この科白、何度言ってることやら)。それをふだんの学習のなかでつねに押さえ、注意し、覚えこまなければ。覚えていたらなおのこと、頭に押し込んでしまわねば!」

「主語がshe だから、her なんだろう?! 熟語として覚えるには、finish one's homework。one's は所有格を表すんだな」

「ところで」――この言葉で、またまた思わぬ泥沼に嵌りこんでしまった。
「ところで、じゃあ、ボブは宿題をした、なら、どう英文で言うんだ? 〇〇、言ってみなさい」
 と、わたしは追確認をしてみた。
 
「Bob did homework.」と、その生徒。
「・・・?? ――?!」
 私の顔は蒼くなり、赧くなり、もう今まで何を噛んで含むように教えてきたのか、また解説してきたのか?・・・。しらける気持ちと脱力感を必死に押さえながら、暫し沈黙。エネルギーが回復するまで。それでも教えなければならないという気持ちが湧き出るまで、ぐっと耐える。

 時間が過ぎ、もう、待てない。生徒に答えを要求しても無駄と、さみしく割り切る。
「あのなあ、宿題をするは、do one's homework ! ボブが主語だから、do his homework 。答えは、Bob did his homework. 」
 半ばやけくそだ。

「主語が私なら、わたしは宿題をする、は、I do my homework. あなたなら、You do your homework. 彼なら、He does his homework. 彼女なら、She does her homework. 私たちなら、We do our homework. 彼らなら、They do their homework.  do one's homework の使い方、わかったあー?――」
 ああ、一部の生徒は、それにいちいち反応して頷いている。しかし、それもいい。覚えてくれりゃあ。

 でもね、今まで中2なら何度か解説してきたし、それ以上に問題演習のなかに反復して入れ込んであるのだが。つまり、finish one's hmework 以前のdo one's hmework でさえ、実はわかっていない生徒がいたことになる。

 これが、できる生徒ばかりなら、というか、ごくふつうであればいいんだけど、そのふつうという感覚が最近どうもおかしくなってきたね、最近の生徒を教えていて。以前のふつうなら、by tomorrow の訳で躓いて停滞することはなかったし、「この文で注意することは何だっ?」に対し、「her」と間髪いれず答えてくれた。それだけのことはじゅうぶんすぎるほど演習してきたのだから、当たり前なのだ。こちらも冷静に、「do one's homework に加え、finish one's homework も頭に入れておくように」と、ひと言いえばそれで済んだ。

 この確認指導1分と20分の差は、そのまま学力格差である。また使うエネルギーと気力も相当に差が生じるわけで、最近、その割合がとみに増えてきた感じである。だからどうなんだ、どうしなければならないのか、と今回は言うつもりもない。その奥にある問題に目を遣ると、あまりにも深淵があり、複雑である。