中学英語・中学数学のオリジナル問題集(社会&理科も好評)の販売とサポート!
中学生の学習の仕方 中学生の学習の仕方
 「中学生の学習のしかた」
中学生の学習
のしかた
中1数・英問題集
中2数・英問題集
中3数・英問題集
トップページへ
戻る

  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§72 “中2生対象”中1英語復習教材、E-juku1st.Com の新問題集
<中2生対象>

<お母様、ご父兄の方からのお便りの一部>

・どうすれば英語の学力が上がるのでしょう? 
・何を間違って勉強してるのだろう? 
・どうして学校のテストではそこそこ点が取れているのに、メルマガ(実
 力をつける中2or中3英語)では散々な点になってしまうのか?! 
・このまま中2英語の学習を続けて行っても、基礎が入っていないと不安。
・自力で中1英語のやり直しをしたいのだが、本屋に行って捜してみても、ど
 うも内容的にピンと来るものがない。もう少し実践的な、子供が間違う箇所
 を掘り下げた、演習の豊富な問題集はないものだろうか?
・E-juku1st.Com の英語をする前に、前の学年の復習をしたいのだけど、復習
 用というかやり直しの問題集はないのでしょうか?
・実力をつけるとはどういうこと? 学校の定期テストの点数からして、こん
 な筈はないと思っていたけど、なぜ当人はいつも50点前後しか取れないの?
・1年の成績は英語以外は5、その英語は4。定期テストや実力テストでも90点
 前後は取っているのですが、メルマガをやってみてがっかり。60点も取れま
 せん。こんなにも実力がないとは・・・ どうか教えて下さい、勉強の仕方
 を。またいい問題集があれば、その情報も。
・メルマガをやってみてしばしば感じたのだけど、学校の英語の授業では何を
 やってるのかしら? 授業をしっかり押さえていれば、そこそこには身に付
 くと思っていたけど、ひどい点数を見て当人も親もがっかり。一体どうすれ
 ばいいのですか。
・復習用の問題集を作って下さい。
・塾や家庭教師をつけることも考えましたが、その前に出来るだけ本人の力で
 弱いところをやり直させたい。その為の自立学習できる教材が欲しい(私も
 手伝いますが)。

 今までにこういったお便り(内容は若干変更)を頂いております。そこで、出来上がったのが、これからご紹介する中2生対象(中3生対象はまもなく完成予定)の問題集です。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●【中2生対象】―「中1英語REVIEW by Toppo」52枚

 この52枚のプリントすれば 、中1文法のすべてがわかる。そしてそれ以上に、自分の中で何が今までわかっていなかったのか、どこをしっかり押さえていなかったのか、その躓きの原因を知りつつ、問題演習を進めて行く中で(もちろんノートでのやり直しを含め)、正しい理解と文法の急所が見えてくる筈だ。それがしっかり見えて、且つ頭に叩き込んでいけば、自ずと実力はつく。

 着実な実力をつける中1英語(by Toppo)のオリジナルプリントを土台に作り上げているので、豊富な問題演習を通じて、英語の基礎が驚くほど身に付くだろう。さらに、その力が中2学習を進めていく上で強力なバックアップ・支えになることを、信じて疑わない。

◆ 中1REVIEW 問題集の単元
1 Be 動詞 NO.1〜10
2 一般動詞 NO.11〜27
3 命令文 NO.28〜30
4 助動詞can NO.31〜32
5 疑問詞のある疑問文 NO.33〜43
6 現在進行形 NO.44〜47
7 過去形 NO.48〜52
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■ 学習のしかたの基本とポイント
 1.短期集中して成し遂げるということ。中1復習の場合1ヶ月、ゆっくりでも
 2ヶ月で完了するように計画を立て、そしてこつこつ実行すること。中2&中
 1復習の場合は、2ヶ月を目標に、ずれても3ヶ月以内に完了する。
 なぜか?! 意欲と集中力は長くは続かないから。
 2.ミスとわからなかった箇所は、必ずノートにやり直すこと!
 3.大事なことは、理解するのはもちろんだけど、それ以上に覚えきる、暗記
 してしまうということ! 何度も出てくる熟語や文は特にね。手をフルに使
 って、勉強して下さい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 何が弱いのか?! どこを生徒はさんざんミスするのか、そして何をほんとうに理解していないのか? また、同時によく忘れるのか?! そこに焦点をあてて作ってありますので、当然画一的な作りでなく、ページ数はまちまちです。多いところはそれだけ必要だということであり、少ないところはあまり演習もいらないというわけです。

 また文法の説明は一切ありません。なぜなら復習だからです。問題を解きながら、そしてそのあと、解答を見ればわかる筈です。明らかにわからないところもあるかと思いますが、それは極々一部です。問題はわかってるつもりの部分で、ほんとうにはわかっていないためミスをする、また適切な文法的な応答が出来ないところにあります。それはすべて解答と照らし合わせてみれば、ああそういうことか、こういう風に答えるのか、また答えねばならないのかがわかる筈です。

 そこを徹底して訓練してください。一部知らないところ(10%以下)は、覚えればいいのです。大切な部分ばかりで構成されていますが、かなり繰り返しを入れてあります。それで力を磨いてください。

 よくあるフレーズですが、「自然に頭に入る」なんてことは決してありませんから。私も含め、そんないい頭ならメルマガでは絶えず90点以上が取れているでしょう。単純な演習からは、基本ばかりでなく思考力も応用も育たない。それだけによく考える、覚える、という作業を繰り返してください。そのようになるべく問題は作られてもいますから(これもこの問題集の一つのノウハウですが)。

 実際にやり出して見ればわかりますが、すいすい順調に捗るページもあるでしょうが、1ページにとても時間を費やすページも多いかと思います。問題は勉強の中身ですから、こつこつやり遂げてください。そして出来なかったところ、ミスをしたところは必ず立ち止まって、考え、暗記し、且つノートに復習してください。へーえ、こんなことも知らなかったよ、という箇所や文法があらゆるところにあるはずです。それを吸収すれば、きっと英語が得意に、またほんとうの実力がつくだろうと思います。