E-juku1st.Comの中学数・英問題集 中学生の学習のしかた  
        中学生の学習のしかた E-juku1st.Comの中学数・英問題集

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 中学生の学習のしか お問い合わせ ご注文


  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§303 夏期の実力アップはE-juku1stの問題集で
<勉強の始まりからほぼ最後に至る90%の勉強>

 今回はE-juku1st.Comからのこの夏休みに取り組みたい問題集の提案、謂わばチラシみたいなものです。塾の夏期講習もよし、しかしそんな時間もなかったり、あくまで自分の力で努力して勉強をしてゆこうと思っている生徒及びそのご父母の方に、すこし我が問題集の宣伝をさせていただきます。


 先日、中3生のお子様をお持ちの或るお母様からメールをいただきました。その一部ですが、ご承諾のもと以下転載させていただきます(ありがとうございました)。
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「3年になって通塾者が増え、夏期講習のチラシが舞い込みます。
家庭教師の電話も日々かかったり。E-juuk1stに出遭っていなかったら 娘も
私も、全くの自学であることに不安になって、あたふたして、夏期講習くらい
行こうかな、と考えていただろうなと思います。
 今、娘が全くブレることなく自学できるのは、E-juku1stの問題集をやりき
っていれば大丈夫だと肌身で感じているからだと思います。人間、果ての見え
ない海(勉強)に泳ぎだすのは腰がひけますが、たとえ遠くてもあの岬まで泳
げばいいんだ(この問題集をやりきれば たどり着ける)と分かっていれば、
がんばれるものなのだろうと思います。」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 この女生徒、学校の実力テストの結果、数学の平均点が30点くらい(うーん、この時期にしては難しく作っあるね)のところ、94点だったのこと。他の教科もすばらしいですが、数学もとても頑張っています。学校の授業以外これまで、中1から中3の各数・英(通年用)問題集、理科と社会の問題集、そして算数の図形教室<B>問題集をご利用いただき、勉強されてきたというところでしょうか。

 これはもちろん新しく当問題集を使ってみようかなと思われいる方々への宣伝でもありますが、それ以上に、現在中1、中2、中3生ですでに当問題集を使って勉強している生徒やそのご父母の方に、ある種励みと勇気を与えられるところがあればと書かせていただくことにいたしました。

 ところで、数学の平均点が30点くらいという現実。中3の実力テストともなると平均点が50点以下に下がることは常識ですが、生徒の数学の力をほんとうに正しく観るために厳しく問題を作れば、このようにさらに低い点数になってしまうのですね。

 この常識(?)がイヤだから、ふつうにまず2年間勉強しておれば中3で、平均点が50点以下になる生徒の学力を見るのがつくづく情けなく感じますから、それに真っ向逆らう形で、通年用数・英問題集以下さまざまな対策の問題集を作っていったともいえるわけですが、さて生徒は、この夏、どのような勉強をしていくつもりなのだろうか?・・・。

 以下は我がHP上の説明そのまま(大いなる手抜き)で、すでにご覧いただいた方には重複しますが掲載させていただきます。

 この夏休み、数・英の弱いところを勉強し、理科や社会も習った範囲をだいぶ忘れているから復習をし、そして国語もできたら勉強したい、なんて当初は神妙(?)にまた真剣に想像していても、まるごと夏休みの40日を自分の思いどおりに使えるなら別なんですが、多くの生徒は、学校の部活に、そして試合や大会もあって結構ハードな日々が続く。また学校の宿題はこなさねばならず、塾に通っていればなおさら夏期講習なんかがあって、それらをやりつつ「自分の課題」を決め、その勉強に取り組める時間は、現実には思うほどたくさん取れるものではありませんね。

 クラブ活動と学校の宿題を仕上げるので精一杯、また塾の授業、夏期の特別講習に参加してその勉強に追われるまま夏が過ぎてしまった、という結果もほんとによくあるケースでしょう。そして大半の生徒(8割以上かな)は、夏休み明けの実力テストでの成績がそれまでと較べ顕著に上がったかというと、そうではない。ここが、とんでもなく問題であるのだが・・・。

 1教科でも2教科でもいいから以前に較べかなり成績の向上が図れた、あるいは苦手な科目をなんとか克服していい点数が取れるようになったと、夏休みが終って自信をもって言える科目は、はたしてどれなんでしょう?

 それができた生徒には「これだけは何があろうと、また何としてもやりぬくぞ」という強い意いと、やり遂げるための地道な継続と時間があったはずです。

 この各自の目標に具体的にそう形で、きっちりやり遂げれば結果を必ず導き出してくれるのが、下記の問題集(詳しくはHP上で)です。なにをどれだけ、またどこまで勉強すればいいのかがきっとわかるはずです。「実力対策の問題集」なら、なにを覚えていて反対に大切な知識のいったいどこをすっかり忘れてしまっているのか、自分がいままでよくミスをしていた箇所、理解のまだじゅうぶん足りていない部分などに気づかされたり、あるいは目が行き届くよう
になるでしょう。

 生徒の実力の正体を十二分に睨みつつ作った、他には類例を見ない問題集を各学年揃えています。しかし、勉強の最後のツメは、自分でしなければならない。自然に頭から出て行くことはあっても、自然に頭に入ることはまあありません。最後は自分の頭でよく考え整理し、しっかり覚えていく、そしてノート直しもよく励行する、これが基本中の基本の勉強の姿です。この最後の10%の勉強は生徒に任せるとして、勉強の始まりからほぼ最後に至る90%の勉強(よく言えばですが)、このサポートをするのがE-juku1st.Comの問題集です。