E-juku1st.Com
中学数・英問題集
の販売とサポート!詳しくはトップページをご覧ください。
中学生の学習の仕方 中学生の学習の仕方
 「中学生の学習のしかた」
「中学生の学習のしかた」(370以上のコラム)のページへ行く!
夏休みの問題集選定に向けて 
 説明ページ

  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§34 夏休みをどう使うか?! VOL.3 new
<中1・2生の場合>

 前回は中3生について、「夏休みをどう使うか?!」について書きました。今回は中1,2年生についてすこし述べたいと思います。

 結論的なことを先に書けば、こうしなければ、ああしなければといった、差し迫った指摘や差出がましい意見は特にありません。中3の夏休みは大変なので、中1,2の時はのんびりすれば、とも思っています。また、目標が充分定まっていない生徒やあるいは自分の実力を正確に掴んでいない生徒に、「今までに習ったところの復習をしなさい」「応用問題を解いて、更に力を磨いたら」と抽象的なことをいっても、まあ殆ど聞く耳をもたない、また聞いても実行に移す可能性が薄い、という現実認識もこちらにはあります。

 しかし反面、中1、2の現時点で、目先の成績と実力とは違う!ことをはっきり識っておられ、静かに顧みられて、習ったところでの復習(数・英中心、なかには理・社にも)を行い、2学期以降に備える生徒や親御様もいます。

 まあ、中1、2生にとっての夏休みというものは、自由闊達に平常の学習から離れたところで、各々の経験と世界を拡げていくいい機会なのでありましょう。でもそれでは、これを書いている意味が無いというか、特徴のない平凡な教育的談話に堕する惧れがありますので、ひとつだけ日頃痛切に感じてるもの、夏にせめてこれだけはしておけば、というものを書いてみることにします。

 それは読書と雑学です。読書の重要性は言うまでもないでしょう。「国語について思うこと」のところで詳しく述べてますので、今回は雑学の面で以下述べたいと思います。

 雑学とは、いわゆる無象の雑多な知識であります。それには少し専門的で深い知識もあれば、勉強とはまったく関係なく個人的なことに関わるものもあるでしょう。また平凡だけど勉強とかかわる知識も、なかにさまざまあるでしょう。知識といえばなにか大袈裟ですけど、要するに、「こんなこと人から教わらずとも、知ってるよ」というものが、今の生徒にはなぜか驚くほど少ないという気がします。

 逆にいえば、「中学生にもなって、何でこんなこと知らないの?・・・」ということが、最近どんどん増えている。これは塾だけの立場から見ただけでなく、公立中学の先生の感慨でもありましょうし、高校の先生の立場からいえば、「何で中学校で、こんな初歩的な因数分解を教えていないんだ?」ともなりましょうし、大学の先生から見れば、「今の学生は論理的な文章が書けん、漢字も満足にその使い方を知らない」ともなります。

 この原因を遡ると、小学校になるわけです。ここでは何もそれに言及したいと思いませんし、あくまで生徒本人の問題に焦点をあてて考えてみたい。 
 
 勉強の上で「知る」ということは、大別するに、先生から教えられて「知る」ことと、自分勝手に「知る」ことのふたつがあります。前者は、例えば因数分解のしかたなどは先生から教わらなければ大半の生徒は自分の力だけではわからないわけです。しかし、後者の「知る」は、生活のいたる所が勉強の場であり、それこそ挙げればきりがありませんが、本、参考書、図鑑、新聞、テレビ、雑誌等は言うまでもなく、親、兄弟、友人など人から、また自然から、さまざま知っていくわけでしょう。

(ところで本当に、「知る」ということは、いま目の前にあるものを見て、そのものの先のかたち、未来のかたちまでを見ることができる力、のことをいいます。そこまで追求して初めて、「知る」に至る。これは余談。)

 この後者の「知る」、「こんなこと教わらずとも知ってるよ」という雑多な知識を、生徒自身が各々の方法で、中1,2の夏休みを通して習得、広く浅くてもいいから膨らましてほしいと思うのです。

 問題点の具体例を、ひとつ書いてみます。それは中3の社会の授業のなかの一コマでした。中1の地理の復習をプリントをほぼ終え、暗記し直し、テストで繰り返しました。次に、問題集を使い、要点を確認し、具体的な問題の答え合わせの段階です。

 《問題》
 地図中に●で示した地域では、さばく化が進んでいる。その原因の1つに雨が降らないことがあげられるが、それ以外の原因を「家畜」と「燃料」の2つの言葉を使って説明せよ。<公立入試問題より>
 
<この問題は、アフリカの地図が書いてあり、サハラ砂漠の南を大陸の東西にまたがり、灰色で塗り潰されている。国名でいえば、マリ、ニジェール、チャド、スーダン、等>

【解説】サハラ砂漠の南側に広がる半乾燥地域はサヘルと呼ばれ、砂漠化が深刻な問題になっている。これは中1の地理で習う基礎事項です。また、上の問題は定期テスト、学力テスト、入試等でよく出題される定番的・古典的問題といえます。

 こういう記述式問題は新学力観ということで、公立高入試に占める割合が高く、いまや3割前後になるのかな、当然配点も高いわけです。これを避けて通ると満足な点は得られません。しかし現実の生徒はこの種の問題形式がとても嫌いらしく、それに応じて苦手ときている。ここでも読書嫌いな影響は深刻です。

 こちらにしてみれば、「これぐらいの簡単な文章は書けよ。字数制限はないものの、たかだか30字〜50字ぐらいじゃないか、それもこの問題はご丁寧に語句まで指定してくれてる」と思うのだけど、生徒の多くはそうでもないらしい。だから懇懇とその重要性を教え、表現訓練を無理やり(この無理は、教える側からいってもとてもしんどいものです。学習した時にふつうに自然に吸収しておいてくれればいいのだが、このふつうの自然が、どうも生徒にはないのである。それゆえ中3にもなってまたまた指導するのだけど、まあしかし、これを徹底して全員に行き渡らせるのには、なんと半年もかかるでしょうか。

 愚痴はこれまでにして、ここからが問題点なのですが、約半数の生徒が無記入なので(つまり、まだ半年も経っていない途中の時期)、その生徒達に厳しく注意をする。書いた生徒の解答を読ませると、次の如く。

生徒A:「森林を伐採して燃料としたり、家畜のえさとしたため」
私   :「あのなあ、何で家畜が森林をえさにするんだ? この文では、そういう意味になるぞ」
生徒A:「・・・」
私   :「ここはアフリカだ、サハラ砂漠の南、乾燥地帯。まあ、ステップやサ
     バナ地帯、草や木々が生えてるぐらいで、ロシアやカナダのタイガで
     はない、なんでばかばか森林があるんだ?・・」
私   :「また、家畜って何? 具体的に何? 生徒B、言ってみろ」
生徒B:「家畜とは、・・・」
私   :「生徒C」 
生徒C:「牛、豚・・・」
私   :「生徒D」
生徒D:「牛、羊、山羊・・・」
私   :「まあ、そういところかな。ここはアフリカのサヘルだよ。何で豚が
     いるんだよ(いるにはいるだろうが)! 草原と荒地と砂漠。遊牧。
     想像するのは、羊、らくだ、山羊、牛だろう、家畜ってのは!・・」

     「彼らの財産である家畜を増やすということは、また生きていくため、
      家畜を増やすってことは、それだけ草を食うわけだろう? 草を食い
      尽くすと、その土地は痩せて、荒地になり、やがて砂漠化するのでは
      ないか?」

 答え<例>:
   「家畜の数を増やしたため、乏しい草を食べ尽くしたり、燃料として樹木の伐採
   をしすぎたから」 

 なにやら一人でしゃべってる感じですね。これは教育というものではなく、もろに詰め込み。1分で通り過ぎるところを黒板に書いたり、家畜の正体をつかんだり、あまりに唖然として言葉を失ったりで、ここで20分もかかってしまった。言っておきますが、これは中3の授業。中1の地理の復習をやり、中2の歴史を学び直し、中3の公民も学習し、そして入試勉強もやらねばならない。それも週1回で! とても悠長に、生徒の考えを引き出す時間なんてありませんよ。

 そもそも上の問題なんて中1の授業内容の基本で、1年間じっくりゆっくり時間をかけたなかで、習得すべきものでしょう!! 嗚呼それにしても、ひどい。知識を蓄える土壌そのものが痩せている。これは社会に留まらず、理科にも、また国語にもいえることです。どうかこのあたりの雑学を、中1、2年の夏休みには盛んに行って、勉強する土台の基礎知識の充実に努めてもらいたい、と痛切に考えてる次第です。