E-juku1st.Comの中学数・英問題集 中学生の学習のしかた  
        中学生の学習のしかた E-juku1st.Comの中学数・英問題集

中学オリジナル各問題集 ご利用者の声 問題集の価格 中学生の学習のしか お問い合わせ ご注文


  高校入試でターイセツなこと、って何だ?!
§244 やる気について
<ただ習慣である>

 今回は、「やる気」について・・・。
 これは色気を出して論理的に書こうなんて気を起こすと、とんでもない迷路に嵌りこみそうな話題であり、かといってそぞろ気が向くまま書こうものなら、元来気は長いほうではないので、「やる気がなければ、やめろっ!」って、吾が本音である叱阿する言葉がつい出てくるであろうし、話題の展開もヘチマもなくなるのがおちである。だから、その間を往くことにする・・・。

 英語のmotivateは、「人に動機を与える、学習意欲をそそる、〜にやる気を起こさせる」という動詞形ですが、その名詞、モチベーション(motivation)とはご存知のように、「動機づけ・意欲・やる気」という意味になりますね。英語で表現すると、なにか人為的にまた作為的にある方法や手段によって、「人にやる気を起こさせる」ことがなんでも可能なように思わせがちなのですが、そしてその理論や実践は経営学的にさまざまに構築され、運用されているのも事実でしょうが、それが仕事の場ではなく勉強の場となると、さてどうなんだろうか? 

 英語やカタカナで表記すると情念が入り込まないというか、ある種の軽さがありそれ以上思考が進まない面があります(うーん、わたしだけか?・・・)。一方、「やる気」なんて日本語になると、もうもろに自分の内部にある感情と気分ですから、象はないけれどいまにもすぐ取り出せそうにも思えます。が、しかし・・・。

・「やる気を出すにはどすればいいですか?」
・「今、全然やる気が出ません。もうすぐテストがあるんですがすぐにやる気が出る方法はないで しょうか?」
・「どう頑張ればいいのか、何をしたらいいのか、まったくわからず自分でも困っています。勉強を する気になれません。何もしたくありません。でも何かやる気がでるような良い方法はありませ んでしょうか」

 このような質問がネット上に載せられると、それに対して、世間には奇特な方がずいぶん多いようで、まことに丁寧というか親切な回答がされているわけですが、そしてそれが飽きもせず繰り返されてる現象に、わたしは正直なところ呆れかえる。パンドラの匣をあけてしまったかのように、もうなんでもありだね、ネット上の「質問」という名の得たいの知れぬものは。

 もちろんこの感懐は少数の者が抱くでものであろうし、それらの応答を排斥する意図はない。ただし、否定はする。こういう個人の感情に属するものに、それも恣意的な気分に属するものまでに、見境なく答えや方法を質問する、そのあまりにも度が過ぎた依存心と幼稚さは、いったいどうやって生まれたんだろう?と、首を傾げる。そしてこのような埒もない質問にいちいちテイネイに応える大人がいるいまの日本社会の平和ボケにも、うすら寒いものを感じてしまう。

 数日前読んだ新聞の、塾の広告のフレーズ――「やる気と集中力」を育てる。
 ほんとによく見かけるフレーズだが、ここにも「やる気」がなんの疑いもなく収まっていて、しかも「やる気と集中力」の2つを“育てる”というんだから、やる気と集中力のない、または乏しい生徒を持つ親御さんにはまことに有難いお言葉に響くかも知れないけれど、果たしてどれだけ信用していいものであろうか? わたしの場合、「やる気と集中力」をなんとか懸命に工夫してその場だけなら持たすことは在り得ても、“育てる”なんてことは口が裂けてもいえない言葉なのだが。

 ちょっと考えればわかるではないか。小学校でまた中学校のこれまでで、スポーツではなくあくまで勉強に限定しますが、子供に「やる気と集中力を育ててもらった」とたしかに実感している、または感謝している教師にどれほどの方が巡り合ったのであろうか? 10人に1人もいるだろうか? いやいや50人に1人もいないのではないか? その反対の良からぬ事例は昨今のニュースや新聞で数多あるわけだけど、それはさておき、なら塾の先生にそれを求めることに一体なんの根拠があるのだろうか? 

「〜を育てる」ということは、その育ったところまででいいから最低身につけていなければならないと思うのだが、塾で勉強のしかたと中身は教わったとして、さらに平行して生徒本人に、感情に属しかつ恣意的な気分でもある「やる気と集中力」を果たしてどれだけ身につけさせているのか、家でのその学習の後姿から視てみればいいかと思いますね。数は少ないですが、もともと「やる
気と集中力」をもっている子は、それは他人の力によって育てられたものではないことは言うまでもありませんが。

 さて、もしわたしが、勉強に対して「やる気が出る方法はないでしょうか?」
なんて、興醒めのする質問を受ければ、やる気のない気分(応える気のない気分)に襲われてしばし沈黙してしまいますが、それでも万が一応えねばならない破目になったなら、こう逆に問います。「やる気が出れば、勉強はスムーズに進むのか?!」と。

 やる気が出てからようやく勉強ができると、多くの生徒は考えているようですが、つまり、自分のなかにやる気が出てくるのを当てにして待っているのですが、これほど当てにないならないものはないでしょう。なぜならそれは、箍の外れた我儘な気分に過ぎないから。勉強は気分でやるものではない! 習慣でやるものだ。

 昨日したように今日も同じように、自分のなかにあるとりとめもない気分に甘えて流されるのではなく、取り立てて考えるまでもなく、また身構えてするものでもなく、ただただ習慣でやるものである。やる気があろうがなかろうが、そんなことは関係ない。知ったことではない。勉強に入っていけば、あとからやる気が出てくることは結構ある。また最初からやる気が大いにある場合、却
ってそれがギクシャクして、思い通りに進まず、つんのめる場合もあるではないか。

 勉強をこなす量も実は、その中身をみると、たとえば2時間やったとして、前半の元気な1時間と後半のやや疲れたように感じる1時間を較べれば、それは集中力の度合いにもよるのだけど、得てして後半の疲れた1時間の内容のほうが密度が濃い場合がよくあるでしょう。もっといえば、3時間したあと、もういい、今日のノルマは十分済んだと考えたあとに、なにかの弾みでさらに30分執念深く(?)粘り強く勉強した結果に、疲労で雑になるかと思えば逆に、緻密な内容になっていることも意外と多いものである。これらは、やる気から生まれるものではない。強いていえば、ただ習慣である。そして反復である。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 上の内容とはかなり次元も角度・掘り下げ方も違うのだけど、この反復について、参考になるかも知れませんので哲学的考察を下に書き記しておきます。

 思想家、吉本隆明の言葉より。(ただし、実際のキルケゴールの使っている「反復」と吉本隆明が解釈している「反復」とは、わたしが知る限りはだいぶ異なっているのだけど、あくまで吉本隆明の表現が気に入っているもので。)


・キルケゴールの言葉でいえば、「反復というのが人間の本性に適してるというか、人間の本性は反復なんだ、あるいは人間の生涯は反復なんだということでしょうか。時間は自然に過去から未来へと流れていくけど、人間の精神の時間はかならず反復が繰り返されていく、人間の精神のもっている生涯のあり方はそうなってる」

・「人間の精神的な本性は反復で、ただ、時間は過去から未来へと流れていくけども、人間の精神は昨日あったことをまた明日、明後日にまたやるんだ。少しずつは違うかもしれないけれども、反復です」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――